このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

牛ウイルス性下痢に関する情報


牛ウイルス性下痢(BVD)は、近年、国内飼養牛における発生が増加傾向で推移し、全国的なまん延も危惧されているところです。本病の防疫対策を効率的に進めるためには、生産者、獣医師、関係機関等が本病に関する正しい知識を共有するとともに、生産者が対策の内容を十分に理解し、納得した上で、地域一体となって複合的な対策を推進することが必要です。

牛ウイルス性下痢(BVD)に関する現状、対策等については、下記を参照願います。

参考1:牛ウイルス性下痢の防疫対策(イメージ)(PDF : 982KB)

参考2:牛ウイルス性下痢・粘膜病の有効な対策について(北海道作成)(PDF:318KB)

  • (国もしくは国研)農業・食品産業技術総合研究機構動物衛生研究部門[外部リンク]

http://www.naro.affrc.go.jp/org/niah/disease_fact/t06.html

(参考)

家畜生産農場清浄化支援対策事業(平成28年度予算PR版)(PDF:97KB)

家畜生産農場清浄化支援対策事業(平成28年度公募要領)

お問合せ先

消費・安全局動物衛生課家畜防疫対策室

担当者:防疫業務班
代表:03-3502-8111(内線4582)
ダイヤルイン:03-3502-8292
FAX:03-3502-3385

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader