このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

食品残留動物用医薬品部会(CCRVDF)

  • 印刷

更新日:2022年3月8日

(第25回部会(2021年7月)、第44回総会(2021年)の結果を反映)

主要議題 検討状況(ステップ等) 農林水産省の担当課
最大残留基準値(MRL)案:フルメトリン(ハチミツ)
・第44回総会において最終採択された(ステップ8)
消費・安全局
畜水産安全管理課
MRL原案:ジフルベンズロン(サケの皮付き筋肉(通常の組織比率))
・第44回総会において最終採択された(ステップ5/8)
消費・安全局
畜水産安全管理課
MRL原案:ハルキノール(豚の筋肉、脂肪付き皮膚、肝臓及び腎臓)
・第44回総会において最終採択された(ステップ5/8)
消費・安全局
畜水産安全管理課
用語及び定義集(CXA 5-1993)の修正(edible offal の定義の追記)
・第44回総会において最終採択された
消費・安全局
畜水産安全管理課
MRL原案:イベルメクチン(豚、羊及び山羊の筋肉、脂肪、肝臓及び腎臓)
・第44回総会において予備採択された(ステップ5)
・ステップ6
・第26回CCRVDF(ステップ7)
消費・安全局
畜水産安全管理課
1つ以上の種へのMRLの外挿に関するアプローチの手続きマニュアルへの掲載(CCRVDFのリスクアナリシスの原則に附属書Cとして掲載)
・第44回総会において最終採択された
消費・安全局
畜水産安全管理課
MRL原案:ジルパテロール塩酸塩(牛の筋肉、脂肪、肝臓及び腎臓)
・ステップ4
・第45回総会
消費・安全局
畜水産安全管理課
CCPR/EWG-Classificationと並行して作業 ・可食臓器に関する電子的作業部会(議長:ケニア、共同議長:ニュージーランド)
・第26回CCRVDF
消費・安全局
畜水産安全管理課
動物用医薬品の並行評価における長所及び短所に関する討議文書 ・終了
・並行評価の原則及びアプローチとして今後CCRVDFの参照文書とする
消費・安全局
畜水産安全管理課
JECFAによる評価又は再評価を必要とする動物用医薬品の優先順位リスト案 (Part 1)
・第44回総会において承認された

(Part 2, 3, 4, 5)
・加盟国からコメント募集
・物理的作業部会(議長:オーストラリア、共同議長:カナダ)
・第26回CCRVDF
消費・安全局
畜水産安全管理課
農薬と動物用医薬品の両方で使用されている化合物の調和されたMRL設定のメカニズム ・第44回総会において、CCPRとCCRVDFの共同電子的作業部会の設置が承認された(議長:米国)
消費・安全局
畜水産安全管理課
・異なる化合物と食品の組み合わせにMRLsを外挿及び山羊と羊のミルク中のイベルメクチン
・臓器のための動物用医薬品の残留のMRLを外挿するのに適したアプローチの開発
・外挿に関する電子的作業部会(議長:EU)
・第26回CCRVDF
消費・安全局
畜水産安全管理課
各国のMRL設定の必要性に関するデータベースのメンテナンス ・電子的作業部会(議長:米国、共同議長:コスタリカ)
・第26回CCRVDF
消費・安全局
畜水産安全管理課
飼料から動物由来の食品へ意図しないまたは避けられないキャリーオーバーのための耐用レベル(アクションレベル)を設定するための基準または要求事項 ・アクションレベル設定のための基準に関する電子的作業部会(議長:オーストラリア、共同議長:カナダ)
・第26回CCRVDF
消費・安全局
畜水産安全管理課
農業における環境阻害剤(environmental inhibitor)の使用に関連する貿易への影響の緩和(からの提案) ・情報/必要ならば将来検討
・ニュージーランド
消費・安全局
畜水産安全管理課
部会の効率的な作業に影響を与える問題と懸念について ・第26回CCRVDF 消費・安全局
畜水産安全管理課

お問合せ先

消費・安全局食品安全政策課国際基準室

代表:03-3502-8111(内線4471)
ダイヤルイン:03-3502-8732
FAX番号:03-3507-4232