このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

エビの急性肝膵臓壊死症(AHPND)について

急性肝膵臓壊死症(以下「AHPND」という。)はビブリオ属細菌が原因で発生するエビの疾病です。日本におけるまん延を防止するため、水産資源保護法や持続的養殖生産確保法で防疫の対象である「特定疾病」及び水産資源保護法の輸入防疫対象疾病に指定されています。

1.AHPNDとは

2.AHPND防疫専門家会議について

沖縄県の陸上養殖施設におけるバナメイエビでのAHPND発生原因の究明と今後の対応について検討を行うため、令和2年10月に有識者会議を設置しました。

第1回AHPND防疫専門家会議(令和2年10月23日開催)


第2回AHPND防疫専門家会議(令和2年10月26日開催)

お問合せ先

消費・安全局畜水産安全管理課水産安全室水産防疫班

代表:03-3502-8111(内線4539)
ダイヤルイン:03-6744-2105
FAX番号:03-3502-8275