このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

自主申告情報について

  • 印刷

農林水産省では、全国の地方農政局等に専任の職員を配置し、小売店舗などに対して、常時、監視の指導を実施しています。

また、全国に食品表示110番を設置し、広く国民から食品表示についての情報提供を受け付けています。

しかしながら、消費者の信頼を失墜させるような事案が後をたたない現状にあります。

農林水産省としては、食品表示に対する消費者の信頼を確保するため、製造業者等が食品表示法及びJAS法違反又は違反のおそれのある事実を発見したり、確認した場合は、速やかに農林水産省への自主申告をお願いしています。

さらに、製造業者等からの自主申告を受理した場合は、食品表示に対する消費者の信頼を確保する観点から、消費者へ迅速に情報を提供することが重要と考えています。

このため、平成19年10月10日から事業者等からの自主申告された情報を掲載することにしました。

 

申告の手順

もし商品にミスを発見したら・・・・・

    1. まずは、食品表示法違反に当たるか食品表示基準に照らし合わせて確認しましょう。
    2. 食品表示法及びJAS法違反又は違反のおそれがあると思われる場合は、下の新規申告用紙の全項目を記入し、お近くの農政局まで迅速に提出しましょう。
    3. ミスによる被害を最低限に止めるため、また、消費者の信頼を維持するために、申告した情報を公表することは、コンプライアンスの観点からも非常に重要なことです。
    4. 申告情報の公表を希望した場合は、農林水産省が受理した日の翌日から2週間ホームページに掲載されます。

 

公表後、掲載内容に変更があった場合・・・・・ 

    1. 申告した後は、綿密に事実を確認しましょう。
    2. 掲載した違反内容に変更があるか、違反自体が誤認だった場合は、下の変更/削除用紙の全項目を記入し、お近くの農政局まで提出しましょう。
    3. 掲載内容の変更、削除については掲載期間中であれば可能です。

 

申告に関して留意すること

    • 申告の信頼性を確保するために、身分を証明する書類の提示が必要です。
    • 掲載された内容に関しては、申告した製造業者等の責任となります。
    • 掲載する内容は、「自主申告書」に記述されたものとなりますので、消費者にとってわかりやすいように、簡潔明瞭に記述してください。 

 

自主申告書

新規申告用紙(PDF:74KB)

変更/削除用紙(PDF:63KB)

 

 

 

提出先一覧

パンフレット

自主申告情報について(PDF:554KB)

 

免責事項(必ずお読みください)

当ホームページの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、農林水産省は利用者が当ホームページの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

お問い合わせ先

消費・安全局消費者行政・食育課

代表:03-3502-8111(内線4487)
ダイヤルイン:03-3502-5728
FAX番号:03-3502-0594

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader