ホーム > 組織・政策 > 農村振興 > 農山漁村の活性化 > 農山漁村の活性化のための定住等及び地域間交流の促進に関する法律について


ここから本文です。

 

活性化パンフレット

活性化パンフレット(H27.10)(PDF:981KB)

集落拠点づくり

農山漁村集落拠点づくりパンフレット(H26.4)(PDF:350KB)

更新日:平成28年4月1日

農山漁村の活性化のための定住等及び地域間交流の促進に関する法律について

農山漁村活性化法とは

農山漁村の活性化のための定住等及び地域間交流の促進に関する法律(農山漁村活性化法)とは、人口の減少、高齢化の進展等により農山漁村の活力が低下していることにかんがみ、農山漁村における定住等及び農山漁村と都市との地域間交流の促進による農山漁村の活性化を図るため、地方公共団体が作成する活性化計画に係る制度を創設するとともに、当該計画の実施のための交付金を交付する措置等を講ずる趣旨の法律です。

法律の内容

お問い合わせ先

農村振興局整備部地域整備課活性化支援班
〒100-8950 東京都千代田区霞ヶ関1-2-1
電話:03-3501-0814

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図