このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

江戸時代に掘られた水路トンネル深良用水

深良用水1  深良用水2 深良用水3

地域の概要

今から346余年前の寛文10年(1670年)四代将軍徳川家綱の時代、浅草の商人友野与左右衛門は、現在の静岡県裾野市深良の名主大庭源之丞の依頼を受け、水田の用水不足にあえぐ静岡県駿東地域(現在の御殿場市、裾野市、長泉町、清水町)の農民のために、約3年半の歳月と総工費約7,400両、延べ約84万人を投入して、神奈川県の芦ノ湖の水を静岡県裾野市へ導く、全長1,280m(高低差約10m)の水路トンネルを完成させました。
工事は両口から手掘りで行われたにもかかわらず、約1mの落差で結合しており、当時の驚くべき技術の高さを物語っています。

地域の保全のための取り組み

現在も、毎秒最大10立方メートル、通常でも毎秒1立方メートル程度の水を供給し、地域の農業を支えるだけでなく、生活・発電などさまざまな役割を担っています。年2回(春・秋)、水門を閉めてトンネルの点検が実施されています。

交通アクセス

  1. JR岩波駅より徒歩70分
  2. 東名裾野インターチェンジから車で20分

関連ホームページ

 

お問合せ先

農村振興局整備部設計課
ダイヤルイン:03-3595-6338
FAX:03-5511-8251