特集1 米(2):農林水産省
このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

特集1 米(2)

[WORLD]生産量と消費量で見る世界の米事情



世界では年間約4億8,000万トンもの米が作られています。
とうもろこし、小麦に次ぐ生産量がありながら、その割に貿易量が少ない穀物です。

世界の米の生産量と消費量
資料:日本のデータは平成26年度「食料需給表」より、その他の国・地域は米国農務省「PS&D」(10 November 2015、2014/15年の数値〈見込値を含む〉)より作成
※注:「生産量」「消費量」は精米ベース、日本の「1人当たり消費量」は供給純食料の値(精米ベース)、その他の国・地域は、「消費量」を国際連合「World Population Prospects: The 2015 Revision」(2015年1月1日推定値)の人口で割って算出、「ヨーロッパ」はEU加盟28カ国の合計


生産量・消費量のトップは中国!
世界で生産されている米は、ジャポニカ米とインディカ米の大きく2つに分けられます。私たち日本人が食べている米はジャポニカ米ですが、世界で多く生産・消費されているのはインディカ米です。

米国農務省によると、世界の米の生産量は年間約4億8,000万トン(精米ベース)。その大半がアジアを中心とした国々で作られています。生産量の第1位は中国の1億4,450万トンで、全体の30%を占めています。続くインド、インドネシアの上位3カ国だけで、約60%近くにもなります。

日本の生産量は、年間781万6,000トンで世界第10位。消費量は796万6,000トンで生産量を上回っていますが、1人当たりの消費量は年間55.2キログラムと他のアジア諸国に比べて圧倒的に少なく、年々減少傾向にあります。

中国は生産量で第1位でありながら、輸入量も1位となっており、一方の輸出は、インド、タイ、ベトナム、パキスタン、アメリカが上位を占めています。

しかし、米の生産量に占める貿易量の割合(貿易率)は他の農産物に比べて低いのが現状です。


世界の米生産量・消費量ランキング
世界の米生産量・消費量ランキング

資料 : 日本のデータは平成26年度「食料需給表」より、その他の国・地域は米国農務省「PS&D」(10 November 2015、2014/15年の数値〈見込値を含む〉)より作成
※注 : 数値は精米ベース


主な農作物の生産量と貿易率
主な農作物の生産量と貿易率

資料:米国農務省「PS&D」(10 November 2015)
※注:2014/15年の数値(見込値を含む)、貿易率(%)=世界の輸出量÷世界の生産量



水田


取材・文/岸田直子