このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

野生鳥獣による被害防止マニュアル等

鳥獣被害対策関連の制度について知りたい方はコチラ

総合的な獣害対策について知りたい方はコチラ

イノシシ、シカ、サルの具体的な対策について知りたい方はコチラ

アライグマ、ハクビシン、タヌキ、アナグマ等中型獣類の具体的な対策について知りたい方はコチラ

鳥類の具体的な対策について知りたい方はコチラ

過去の野生鳥獣被害防止マニュアルについて知りたい方はコチラ

鳥獣被害対策に係る人材育成・実施体制の実例について知りたい方はコチラ

先進的な研究・開発成果について知りたい方はコチラ

ICT活用機器情報

 No.  目的  機器・システム名  内容   用途  機器情報
(外部リンク) 
お問い合わせ先 
企業名(所在地) 相談窓口 
1 捕獲 「おりわなみはるちゃん!」  侵入センサーにより檻の周辺に動物がいないことを確認し、設定頭数でゲートが閉鎖。動物に檻の危険性を学習される事が少ない。 囲いわな  こちらをクリック  (株)アイエスイー(三重)    担当:高橋、藤井
☎0596-36-3805
   
2 捕獲 「アニマルセンサー2」
「アニマルセンサーLITE」
 赤外線センサーで動物の背丈を検知して捕獲する。バッテリー・マグネットトリガーの2と、廉価版に餌付けモード(赤外線に動物を慣れさせる)を搭載したLITE。 箱わな
3 捕獲 「クラウドまるみえほかくん」  侵入センサーによりPC・スマホへ通知、ネットワークカメラでライブ映像を見ながら遠隔捕獲。動画の自動録画やクラウドへの頭数記録により情報共有や管理が容易になる。 箱わな
囲いわな
4 捕獲 「ロボットまるみえほかくん」  クラウドまるみえほかくんの機能に加え、夜間は複数センサーによる自動捕獲で捕獲従事者の負担を軽減。稼働時間の変更やマルチ画面等クラウドの新機能も追加。 箱わな
囲いわな
5 捕獲  「WebAIゲートかぞえもんAir」  動物の出入りをセンサーで確認、設定頭数がカウントされたら、罠が自動閉鎖し、メールを配信。進入履歴はデータ化され、関係者で共有できる。 囲いわな  こちらをクリック (株)一成(兵庫) 担当:横山
☎079-428-0682
6 捕獲  「アグリマルチセンシングSaaS 鳥獣害対策クラウド」  鳥獣出没や被害内容、捕獲わなの設置場所、捕獲実績記録など現場で発生する情報を、地図情報や写真と合わせて記録し、情報共有を効率化。 箱わななど  こちらをクリック
(株)富士通鹿児島インフォネット(鹿児島) 担当:古田、大川、
平山
☎099-206-6773
7 柵監視  電気柵監視システム(遠隔監視)
「EfMoS Jr. エフモスジュニア」
 EfMoS Jr.電気柵電圧計が測定した電圧の値をルーターを経由して送信(1時間毎の情報をWeb上で確認可能)。電気柵ユニット1機に対して本システム1セットを設置。 電気柵  こちらをクリック  協和テクノ(株)(長野) 担当:飯川
☎026-245-5438
8 通知  RF監視タグと捕獲監視システム
「わなタグ」
わな近くの獣の振動をRF監視タグ(加速度センサー)で、またわなに入った獣をRF監視タグ(赤外線センサー)で検知。その後、中継器を介してわなタグサーバーに転送後、わな管理者にメール配信。 くくりわな
箱わな
囲いわな
こちらをクリック  アイニックス(株)(東京) 担当:本橋
03-5728-7500
9 通知  ICTハンティング装置  くくりわな近くの赤外線センサーで感知した情報を中継機を経由して親機に送信、その後関係者の携帯にメールで送信。 くくりわな
箱わな
 こちらをクリック  エナジーワイヤレス(株)(東京) 担当:森本
☎042-785-5529
10  通知   鳥獣害対策システム   通信回線を使って、出没検知センサー、捕獲検知センサー、鳥獣忌避センサーをGISと連携し、鳥獣の出没や捕獲状況をリアルタイムで通知
(地理情報システムで各種データを可視化)。
 
くくりわな
箱わな
囲いわな
 こちらをクリック  NTT西日本(株)クラウドソリューション部(大阪)
 NTT西日本管内を担当:静岡県・岐阜県・富山県以西
NTT西日本
担当:福澤
☎06-6469-4103
 NTT東日本(株)ビジネスイノベーション本部第1VC部(東京)
 NTT東日本管内を担当:新潟県・長野県・山梨県・神奈川県以東
NTT東日本
担当:高木
☎03-6810-3530
(株)日立製作所 IoT・クラウドサービス事業部(東京、大阪) 担当:大橋
☎06-6202-1267
11  通知  LPWA版みまわり楽太郎
「みまわローラ」
    
 罠の稼働状況を画像と共にメールで配信し、ウェブ上で捕獲状況を管理。LPWA通信により、携帯電波(3G・LTE)の届かない場所でも利用が可能。     くくりわな箱わな  こちらをクリック  NTTPCコミュニケーションズ(サービスの提供)
機器の販売代理店は下記のとおり
 
(ア)こちらをクリック (ア)MMT企画(神奈川) (ア)担当:藤澤
090-1900-0019
(イ)こちらをクリック (イ)(株)NTTドコモ(東京) (イ)担当:横井、原田
03-5156-2511
(ウ)こちらをクリック (ウ)(株)シムックス(群馬) (ウ)担当:小島
0276-40-2211
(エ)こちらをクリック (エ)正和商事(株)(大阪) (エ)担当:紀平、奥村
06-6203-4541
12 通知 「ほかパト」 罠の見廻りを軽減するためにランニングコストがかからない長距離無線を使用し、獣の捕獲をメールでお知らせ。またWeb上で捕獲の効率的な管理が可能。 くくりわな
箱わな
囲いわな
 こちらをクリック (株)アイエスイー(三重) 担当:高橋、藤井
0596-36-3805
13  通知 
 鳥獣被害アラートシステム
「TRELink(トレリンク)」
 カメラやセンサーでわなの稼働状況を遠隔感知し、端末の動作に応じてアラートメールでの自動配信(わなの位置をGooglemap上で表示)。 箱わな  こちらをクリック (株)GISupply(ジーアイサプライ)(北海道) 担当:菅野
0166-73-3787
14 通知  わな捕獲通知システム
 わな管理自動通報
「親子でみまわローラ」
 わな作動後に専用受信機で受信し、携帯電話のネットワークを通じてメールで配信(静止画)。 箱わな
囲いわな
 こちらをクリック(PDF:1,025KB) (株)シムックス(群馬) 担当:小島
0276-40-2211
 わな捕獲通知システム
 わな管理自動通報
「楽してみまわり隊」
わな作動後に専用受信機で受信し、携帯電話のネットワークを通じてメールで配信。 くくりわな  こちらをクリック(PDF:610KB)
15 通知  わな捕獲通知システム
「わなベル」
 わなの稼働状況をメールで配信(LPWA通信を利用した捕獲通知)。
LTE-M1 SIGFOXの電放エリアで利用可能
くくりわな
箱わな
こちらをクリック (株)ジョイワールドパシフィック(青森) 担当:佐藤
0172-44-8133
16 通知  「オリワナシステム」  250mWによる見通し200km以上の通信距離と、中継機能及びメッシュネットワーク構築によって、携帯圏外を含む広範囲の罠監視を低コストで実現 くくりわな
箱わな
囲いわな
 こちらをクリック (株)フォレストシー(東京) 担当:藤本
☎03-5245-1511
(里山通信事業部)
17 通知  鳥獣わな監視装置  わなが作動したことを写真とメールで通知できるシステムで、見回りや止め刺しを効率的にできる装置。(イノシシ侵入防止柵などのご相談も可能) くくりわな
箱わな
囲いわな
 こちらをクリック  綜合警備保障(株)(ALSOK)(東京) 担当:戸田、國津
03-3470-1879
18 通知  ワナ作動通知システム
「ワナの番人」
 わなの稼働状況をメールで配信(LPWA通信を利用したワナ作動通知)。 くくりわな
箱わな
 こちらをクリック  マスプロ電工(株)
(愛知(主担当)、東京(副担当))
主担当:西日本RFIDグループ 山崎
052-802-2210
(副担当:東日本RFIDグループ 今野
03-5434-8456)
19 生息管理  赤外線カメラおよび高倍率ズームカメラを搭載したドローンによる獣害対策調査  夜間に赤外線カメラを用いて生態や獣道を調査する。または昼間に赤外線カメラおよび高倍率ズームカメラにより獣を発見し追跡する等 鳥獣全般  こちらをクリック (株)WorldLink&Company(スカイリンクジャパン)(北海道) 担当:企画営業部 雨谷(あまがい)
075-708-2369
(京都本社)
20 生息管理  自動撮影カメラ(センサーカメラ、トレイルカメラ)
「Trel(トレル)」
 特定地域の鳥獣の生息状況を把握。
(生息状況マップ作成等に活用)
鳥獣全般  こちらをクリック (株)GISupply(ジーアイサプライ)(北海道) 担当:高嶋
0166-73-3787 
21 生息管理  周辺環境調査等でのドローン活用  ドローンに搭載した赤外線カメラにより空撮画像を解析し、鳥獣の分布や数を確認。獣道など周辺環境調査にも活用。 鳥獣全般 こちらをクリック (株)スカイシーカー(東京) 担当:平井
☎03-6260-8960
22 生息管理  LT4G クラウド対応 IoT自動撮影カメラ
「ハイクカム」
 設置現場に生息する鳥獣を自動撮影し、画像・動画をリアルタイムにメール・クラウドにアップロード 鳥獣全般  こちらをクリック (株)ハイク(北海道) 担当:吉村
0166-31-8707
23 生息管理  自動撮影カメラ
(センサーカメラ、トレイルカメラ)
 特定地域の鳥獣の生息状況を把握。
(生息状況マップ作成等に活用)
鳥獣全般  こちらをクリック (株)阪神交易(大阪) 担当:企画営業部 竹内
06-6371-8548
24 通知 スマートトラップ 罠の位置情報や稼働状況についてスマホやPCの専用画面で監視の上、罠の作動時に利用者へのメール通知を行う。携帯回線を使うことで初期費用を抑制。(トレーサビリティシステム「ジビエクラウド」とも連携可能。) くくりわな
箱わな
囲いわな
こちらをクリック (株)huntech(ハンテック)(東京) 担当:川崎
☎050-5218-9424


注:掲載情報は、既に販売・利用中のICT機器情報を広くお知らせし、鳥獣害対策の取組を後押しするものですが、農林水産省が各機器の効果を保証や認定するものではありません。



お問合せ先

農村振興局農村政策部農村環境課鳥獣対策室

代表:03-3502-8111(内線5501)
ダイヤルイン:03-6744-7642
FAX番号:03-3502-7587

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader