このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

日本の食文化海外普及人材育成事業について

(日本料理海外普及人材育成事業の一部改正)

トピックのアイコントピックス

2019年11月1日NEWアイコン 日本料理海外普及人材育成事業実施要領の一部改正が公表されました。

制度についてのアイコン制度について

   これまで、農林水産省において、日本料理の海外普及を目的に、調理の専門学校を卒業した外国人留学生が、日本国内の日本料理店で働きながら、技術を学べる制度(最長5年)を実施していました。
   一方、クールジャパンの議論において、日本料理以外の分野でも、教える技術が高い日本で学びたいとの意見が提出されたことを踏まえ、調理又は製菓の専門学校を卒業した留学生が就職できる業務の幅を拡充し、日本料理以外の料理や製菓も対象とすることとして、日本料理海外普及人材育成事業実施要領の一部改正を行いました。
   本実施要領の一部改正を踏まえて、事業の名称を「日本料理海外普及人材育成事業」から「日本の食文化海外普及人材育成事業」に改名しました。

申請様式についてのアイコン申請様式について

   日本の食文化海外普及人材育成事業にかかる申請の様式を掲載しています。

申請様式の記入例のアイコン申請様式の記入例

   実習計画認定申請書様式の記入例を掲載していますが、ご不明な点がございましたら、下記お問合せ先までご連絡ください。

*注)要件を満たすための必要な履修科目及び履修時間は、[1]衛生法規、[2]公衆衛生学、[3]食品学、[4]食品衛生学、[5]栄養学、[6]製菓理論、[7]製菓実習(480時間以上)(履修証明書で[1]~[7]の科目、[7]の実習時間明記されていること)。

その他のアイコンその他関係

お問合せ先

食料産業局食文化・市場開拓課外食産業室

担当者:企画調整班
代表:03-3502-8111(内線4352)
ダイヤルイン:03-6744-7177
FAX:03-6744-2013

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader