このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

飲食料品製造業分野における外国人材の受入れ拡大について

  • 飲食料品製造業分野は、生産性向上や国内人材確保のための取組を行ってもなお人材を確保することが困難な状況であることから、出入国管理及び難民認定法(昭和26年政令第319号)第2条の4第1項の規定に基づいて、平成30年12月25日に「飲食料品製造業分野における特定技能の在留資格に係る制度の運用に関する方針」が閣議決定されました。また、同日、同方針に係る運用要領についても定めました。詳細については、以下リンク先を御参照ください。

  • 飲食料品製造業分野における特定技能の在留資格に係る制度の運用に関する方針(PDF : 217KB)
  • 「飲食料品製造業分野における特定技能の在留資格に係る制度の運用に関する方針」に係る運用要領(PDF : 216KB)
  • 法務省HP「新たな外国人材受入れ(在留資格「特定技能」の創設等)」[外部リンク]

お問合せ先

食料産業局食品製造課

担当者:牧之瀬、阿部
代表:03-3502-8111(内線4355)
ダイヤルイン:03-6744-7180
FAX番号:03-3502-5336

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader