このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

飲食料品製造業分野における外国人材の受入れ拡大について

 

トピックのアイコントピックス

2019年11月11日 NEWアイコン 試験実施機関より、国外試験(フィリピン)の試験情報が公表されました。
(試験予約受付は11月25日(月曜日)13時00分から、試験実施は11月28日(木曜日)からです。)
https://otaff.or.jp/description-certification/food-and-beverage/insyoku/insyoku-foreigner/[外部リンク]
2019年11月1日 飲食料品製造業技能測定試験の学習用テキスト(英語)が公表されました。
https://www.shokusan.or.jp/news/3199/[外部リンク]
2019年10月25日      試験実施機関より、2019年度第1回(10月実施)飲食料品製造業特定技能1号技能測定試験(国内)の合格者が発表されました。
https://otaff.or.jp/wp-content/uploads/2019/10/goukaku_20191025-2.pdf(PDF:159KB) [外部リンク]
試験実施機関より、2019年度飲食料品製造業特定技能1号技能測定試験の今後のスケジュールが更新されました。
https://otaff.or.jp/wp-content/uploads/2019/10/exam_schedule_191025.pdf(PDF:111KB)[外部リンク]
試験実施機関より、「国内試験の受験申込手続きの一部変更について」が公表されました。
https://otaff.or.jp/wp-content/uploads/2019/10/d47a204803341313ed9fe56fb9ce301f.pdf(PDF:158KB)[外部リンク]
2019年9月10日 飲食料品製造業技能測定試験の学習用テキストを公表しました。
2019年9月4日 食品産業特定技能協議会第2回運営委員会の会議資料、議事要旨を公表しました。
飲食料品製造業分野の相談窓口を設置しました。
飲食料品製造業技能測定試験説明会の開催を公表しました。
2019年9月2日 飲食料品製造業特定技能1号技能測定試験実施要領を公表しました。
2019年8月26日 技能測定試験に関する情報を更新しました。
2019年8月9日 「食品産業特定技能協議会」の加入フォームを設置しました。 

制度についてのアイコン制度について


新たな外国人材の受入れのための在留資格「特定技能」は、深刻化する人手不足に対応するため、生産性向上や国内人材の確保のための取組を行ってもなお人材を確保することが困難な状況にある産業上の分野において、一定の専門性・技能を有する外国人材を受け入れる制度です。

  • 法務省HP「新たな外国人材の受入れ及び共生社会実現に向けた取組(在留資格「特定技能」の創設等)」[外部リンク(法務省)]

参考1:飲食料品製造業分野における関係法令・通知等

飲食料品製造業分野における関係法令・通知等については、以下資料を御参照ください。

  • 飲食料品製造業分野における特定技能の在留資格に係る制度の運用に関する方針(PDF : 217KB)
  • 「飲食料品製造業分野における特定技能の在留資格に係る制度の運用に関する方針」に係る運用要領(PDF : 216KB)
  • 出入国管理及び難民認定法第七条第一項第二号の基準を定める省令(平成二年法務省令第十六号)の表の法別表第一の二の表の特定技能の項の下欄第一号に掲げる活動の項の下欄第六号並びに特定技能雇用契約及び一号特定技能外国人支援計画の基準等を定める省令(平成三十一年法務省令第五号)第二条第一項第十三号及び第二項第七号の規定に基づき、飲食料品製造業分野に特有の事情に鑑みて定める基準(PDF : 116KB)
  • 特定の分野に係る特定技能外国人受入れに関する運用要領(飲食料品製造業分野の基準について)及び別表(PDF : 102KB)
           ・分野参考様式第13-1号 飲食料品製造業分野における特定技能外国人の受入れに関する誓約書(特定技能所属機関)
              (PDF : 6KB)(WORD : 23KB)
           ・分野参考様式第13-2号 飲食料品製造業分野における特定技能外国人の受入れに関する誓約書(登録支援機関)
              (PDF : 4KB)(WORD : 19KB)
 

参考2:制度の概要説明資料

平成31年2月から4月にかけて地方自治体・関係業界団体・飲食料品製造業事業者等の皆様を対象に実施した説明会で使用した資料です。

  • 飲食料品製造業分野における新たな外国人材の受入れについて (PDF : 1,411KB)

参考3:相談窓口の設置

飲食料品製造業分野における特定技能外国人材の受入れに関し、相談窓口を設置しました。
多言語での対応もしておりますので、詳細は相談窓口のホームページを御確認ください。


試験について試験について

1号特定技能外国人として飲食料品製造業分野の業務に従事する場合には、技能試験及び日本語試験の合格等が必要となります。
(従事する業務区分に応じ、技能実習2号を良好に修了した者については上記の試験等が免除されます。)
試験の適正な実施を確保するための試験方針及び実施要領については、以下資料を御参照ください。

  • 飲食料品製造業特定技能1号技能測定試験実施要領(PDF : 369KB)

技能測定試験について

飲食料品製造業技能測定試験は、一般社団法人外国人食品産業技能評価機構が実施します。この試験に関する案内、申込、その他情報は機構のホームページを御確認ください。


技能測定試験に関する資料を、以下に掲載しております。

  • 飲食料品製造業分野技能測定試験について (PDF : 2,110KB)

説明会の開催

2019年9月10日から飲食料品製造業分野の技能測定試験の説明会を開催いたします。
「飲食料品製造業分野技能測定試験について(農林水産省)」、「事例から学ぶ・・・外国人材の雇用と育成(公益社団法人国際人材革新機構)」を議題とし、相談会も開催します。参加費は無料です。
日時、会場は以下ホームページを御確認ください。

学習用テキスト

技能測定試験の受験に必要な学習用テキストを、一般財団法人食品産業センターが作成しています。
試験問題は、このテキストの範囲から出題されますので、受験される方はご活用ください。



日本語試験について

日本語能力試験は、国内と国外で実施する主体者が異なります。この試験に関する内容、申込、その他情報は試験の実施場所に合わせてそれぞれのホームページを御確認ください。

【国外】独立行政法人国際交流基金 日本語基礎テスト [外部リンク]
【国内】日本国際教育支援協会 日本語能力試験(JLPT) [外部リンク]

 

協議会について協議会について

〇 制度の適正な運用を図るため、特定産業分野ごとに分野別所管省庁が協議会を設置します。
〇 飲食料品製造業分野においては、農林水産省が「食品産業特定技能協議会(以下、協議会)」を外食業分野と共同で設置し、受入れ機関はこの協議会の構成員になることが求められています。
〇 協議会は、構成員の連携の緊密化を図り、各地域の事業者が必要な特定技能外国人を受け入れられるよう、制度や情報の周知、法令遵守の啓発のほか、地域ごとの人出不足の状況を把握し、必要な対応等を行います。

協議会規約(PDF:195KB)
運営委員名簿(2019.8.6現在)(PDF : 129KB)
協議会の概要(PDF:97KB)
申し合わせ(PDF:77KB)
入会規程(PDF:127KB)

入会フォーム

初めて飲食料品製造業分野及び外食業分野の特定技能外国人を受け入れた場合には、当該特定技能外国人を受け入れた後4か月以内に「食品産業特定技能協議会」に加入し、加入後は食品産業特定技能協議会に対し、必要な協力を行うなどしなければなりません。なお、4か月以内に食品産業特定技能協議会に加入していない場合には、特定技能外国人の受入れができないこととなるのでご注意ください。加入については、下記の入力フォームから必要事項をご記入ください。
 
特定技能所属機関(受入れ機関)は【こちら】
登録支援機関は【こちら】
 
飲食料品製造業者団体及び外食業団体で入会を希望される方は、「お問合せ先」までご連絡をお願いいたします。

 

その他の情報のアイコンその他情報

外国人の受入れ・共生に関する金融関連施策について

金融庁のホームページにおいて、金融サービス利用における利便性向上のために有益な情報や、注意すべき事項についての情報を提供しています。

詳細はこちらから[外部リンク]

お問合せ先

食料産業局食品製造課

担当者:阿部、堀井、笠井
代表:03-3502-8111(内線4162)
ダイヤルイン:03-6744‐2397
FAX番号:03-3502-5336

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader