このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

実践食育ナビ

参考になる取り組み

食品メーカー    食品メーカーの取り組み

山崎製パン 株式会社

食育情報を発信しながら、
他企業や団体とも連携

山崎製パン 株式会社

パンやお弁当の表示から食育情報を発信

山崎製パンでは、2005年の食育基本法の施行に伴い、食の大切さを伝える取り組みに「食事バランスガイド」を活用しています。食パンやテーブルロールのパッケージには「食事バランスガイド」のコマのイラストと説明を掲載していますが、それには(1)パンをメインに栄養バランスのよい食事を完成させるには、あと「何を」「どのくらい」足せばいいのかを知らせ、献立の参考にしてもらう(2)朝食を食べることの効用を伝える、という2つの目的があります。

また、「デイリーヤマザキ」などの店舗では、グループの弁当・調理パン製造会社「サンデリカ」の管理栄養士が「食事バランスガイド」に基づき監修した「バランス弁当」を販売していますが、お弁当一食で「何を」「どれだけ」摂取できるかを、同じく「食事バランスガイド」のコマのイラストで表示しています。



黒糖テーブルロール
黒糖テーブルロール
「バランス弁当 日替わり弁当」ラベル

「バランス弁当日替わり弁当」ラベル

ページトップへ

店頭で情報を発信する専門スタッフを育成

店頭に立つ「ヤマザキマーケットクルー」

店頭に立つ
「ヤマザキマーケットクルー」

食育情報の発信は、製品を販売して終わりではありません。同社ではアメリカのスーパーマーケット業界から誕生した「ミールソリューション」という概念を導入し、メニューの提案や栄養管理など食生活全般の課題に対応しています。具体的には親子でのサンドイッチ教室や店頭でのデモンストレーションなどの活動を通して食育の啓発・普及に努めていますが、これらの活動を行うため「ヤマザキマーケットクルー(通称Mクルー)」という専門のスタッフを育成。Mクルーはお客様と直接コミュニケーションを取りながら、栄養や健康に関する知識を伝えています。

 

ページトップへ

サンドイッチ教室で食育を楽しく

スーパーマーケットの店頭で実施しているサンドイッチ教室は、子どもたちに食育情報を楽しく伝える場です。Mクルーの指導で手洗いの仕方から始まり、季節の行事や旬を感じる食材を使ったサンドイッチのメニューを親子で作って食べ、紙芝居や「食事バランスガイド」を用いて食の大切さを学びます。食事を作って食べることの楽しさと、栄養バランスを意識することの重要性を親子で一緒に感じてもらうことを目的としています。

スーパーでのサンドイッチ教室

スーパーでの
サンドイッチ教室

ページトップへ

製造過程で発生するパンの耳を有効利用

サンドイッチを作るときに切り落とされてしまいがちな食パンの耳ですが、調理パンの製造過程でも大量の耳が発生します。耳は専用の搬送ラインと保管場所を確保して

(1)「ちょいパクラスク」などスナック菓子の原材料として使用
(2)業務用パン粉への加工
(3)家畜用飼料への再生利用

以上3点の取り組みで、全量を食料資源として有効利用しています。

サンドイッチ教室でも食パンの耳をおいしく食べるレシピを紹介し、食べ物の大切さを伝えています。

「ちょいパクラスク」(フレンチトースト)

「ちょいパクラスク」
(フレンチトースト)

ページトップへ

リサイクルループを構築

リサイクルループ「エコニコポーク」

リサイクルループ
「エコニコポーク」

パンの耳を再生利用して作られた飼料は、エコフィードとして認証されています。大豆やトウモロコシなどの家畜用飼料の原料の多くは輸入品ですが、当社から発生する「パン耳」は、国産原料であり、これを利用することは輸入量の削減につながります。

関東に店舗を展開している当社グループの(株)スパーヤマザキではさらに資源の有効利用を進めるため、工場から発生するパン耳を飼料に加工する⇒その飼料を食べて育った豚肉を仕入れる⇒この精肉品を販売する。また、社員食堂のメニューで提供するなど、資源を循環的に利用する仕組み「リサイクルループ」を構築し、食品ロスの削減に努めています。

ページトップへ

特産品から「地産地消」製品を開発

食料自給率の増加につながる取り組みとして地域農産物を利用した製品展開を積極的にすすめています。全国各地に工場を持つ利点を生かし、地域の特産物を使ったご当地製品を地域のJA様や生産者団体の協力を得ながら積極的にすすめています。当社の主力製品である「ランチパック」には、多くのご当地製品がありお客様にご好評をいただいております。また、地域農産物をパン以外の製品に利用し、利用拡大も進めています。

一例として、JAいちかわ様と共同開発した当社ブランドの飲料「梨ウォーター」は、キズや色、形状が規格外となり残念ながら出荷できなかった梨を主に使用しています。これらの梨の加工も弊社グループの(株)不二家の子会社である不二家サンヨー(株)にて行っており、ヤマザキグループの力を結集して開発された製品です。飲料への利用とのことで利用量が多く、市川市内だけの未出荷梨では原料が不足し、JAいちかわ様には市川周辺の地域からも同様の理由で未出荷となった梨を集めて頂きました。これにより梨の未出荷農産
物利用量の拡大を実現しました。 

ご当地「ランチパック」の事例

ご当地「ランチパック」の事例

 
「梨ウォーター」

「梨ウォーター」

ページトップへ   

2015年1月現在































関連リンク