このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農水省職員が見つけた町のおにぎり屋さん(北海道農政事務所管内)

おむすび きゅうさん(北海道)

大食い女王アンジェラ佐藤さんとのコラボおにぎりに注目
おむすびきゅうさん

こちらの「おむすびきゅうさん」の店長 川原悟さんは、自らを「ライスボール・プレイヤー」と称して、アメリカ、ヨーロッパ、東南アジアなど世界中でおむすびのパフォーマンスを行っており、国内でも、おむすび教室など積極的に行って活躍されている方です。

昨年(2018年)12月に札幌市内で開催された「北海道ザンギフェスティバル」で雄武町の特産品である鮭の山漬けを具材にしたおむすびが披露されました。大食い女王アンジェラ佐藤&おむすびきゅうさん川原店長のコラボで誕生した「雄武町・鮭の山漬まぶし」は179市町村北海道おむすびシリーズの第4弾となります。

このおにぎりは、注文後5分くらいで出来上がりサイズもちょうど良く、お米もふっくら柔らかく、鮭の山漬まぶしと海苔もマッチしてとっても美味しいです。期間限定なので皆さんお見逃しなく。

おむすびきゅうさんは、札幌駅北口から徒歩10分程度の場所にある本店と札幌東急百貨店地下食品売場の2店舗があります。

本店店舗内にはイートインスペースがあり、近所の若い夫婦(ベビーも同行)やサラリーマンが昼食を食べるなど気軽に入れる店舗になっていて、英語の注文手順を書いた手引きも店内に貼り付けてあり外国人にも親切なお店です。

基本情報
店      名 おむすび きゅうさん
営業時間 午前10時から午後9時まで(日祝日は午後5時まで)
定  休 日 無休
住      所 札幌市東区北9条東1丁目3-10 駐車場9台有
電話番号 011-788-2221
ホームページ http://www.satsubei.co.jp/omusubi.php (外部リンク)

店長のイチ押し
2018年12月18日から雄武町の鮭を使ったおむすび「鮭の山漬まぶし」を販売中。(食材がなくなり次第終了) 

鮭の山漬まぶしのおむすび        イートインスペース
英語での商品注文手順メニュー

 
 

にぎりめし(北海道)

24時間営業。NHKでも特集されたススキノの有名おにぎり屋さん
にぎりめし

こちらの「にぎりめし」は、地下鉄すすきの駅から徒歩5分のところにある薄野市場に隣接した場所にあります。店舗は10名程度が入れるイートインスペースとテイクアウト専用のカウンターがあります。

午前11時頃に伺った際には、店内はもちろんのことテイクアウトも多くのお客さんで賑わっており、客が絶えることがないほどの人気店です。店長いわく夜10時過ぎには飲んだ後のお客がやってきて、さらに混雑するみたいです。

おにぎりは、一つ一つ手結びで丁寧に作られ、塩にぎり、醤油にぎり、ともに具との相性が抜群に良く、また、ふんわりとした感じは食べやすく、とても美味しいおにぎりです。

おにぎりの他におでんやお惣菜のメニューも豊富なので、皆さんもきっと悩みますよ。

基本情報
店      名 にぎりめし
営業時間 24時間(年末年始は変更有)
定  休 日 無休
住      所 札幌市中央区南6西4 すすきの市場内
電話番号 011-512-1616
ホームページ ttps://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010103月10日07577/ (外部リンク)

店長のイチ押し
どのメニューも人気だが、敢えて一つあげるなら「たらこバター」
 
 上さばとろ、下たらこバター見ただけでも美味しそうなおにぎり

テイクアウト専用カウンター
メニュー1メニュー2
 
 

お問合せ先

政策統括官付穀物課米麦流通加工対策室

代表:03-3502-8111(内線4239)
ダイヤルイン:03-3502-7950
FAX番号:03-6744-2523