このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

OIEが行う特定疾病のステータスの公式認定

  • 印刷
平成26年1月10日更新

担当:消費・安全局消費・安全政策課(国際基準チーム)

OIEが行う特定疾病のステータスの公式認定

OIE が特定の疾病(口蹄疫、BSE、牛肺疫、アフリカ馬疫、豚コレラ及び小反芻獣疫)について、各国又はその一部地域の状況を評価するものです。

加盟国の申請に応じ、提出された資料を専門家(アドホックグループ及び科学委員会)が評価し、加盟国にコメントを求めた上で、総会で採択し、その国又はその一部地域にステータスの認定証が交付されます。ステータスの認定を得た国又は地域は、そのステータスの維持のため、毎年11 月にコードに規定されている条件を継続的に満たしている旨をOIE事務局に連絡する必要があります。

 第80回及び第81回のOIE総会において、ステータスの公式認定を行う疾病として新たにアフリカ馬疫(2012年5月)、豚コレラ及び小反芻獣疫(2013年5月)を各々追加することが決議されました。

OIEコードでは、疾病のステータスによって、動物や動物製品について異なる貿易条件が規定されています。

 

ステータス評価の区分

2013年12月現在、OIEでは以下のステータス区分について評価を行っています。

口蹄疫

  • ワクチン非接種清浄国又は地域
  • ワクチン接種清浄国又は地域

現在の各国又は地域のステータス(英文)[外部リンク]

BSE

  • 無視できるリスク国
  • 管理されたリスク国

現在の各国のステータス(英文)[外部リンク]

牛肺疫

  • 清浄国

現在の各国のステータス(英文)[外部リンク]

アフリカ馬疫

  • 清浄国

現在の各国のステータス(英文)[外部リンク]

日本のステータス

口蹄疫

1996年にOIEが公式認定を開始した当時から「ワクチン非接種清浄国」に認定されています。2000年3月に口蹄疫が発生しましたが、2000年9月26日に「ワクチン非接種清浄国」に復帰しました。また、2010年4月に発生した口蹄疫のために一時期「ワクチン非接種清浄国」のステータスが停止されておりましたが、2011年2月に日本は「ワクチン非接種清浄国」に復帰しました。

BSE

2013年5月に「無視できるリスク国」に認定されました。 

OIEの公式ホームページより一部英語の記載を引用し仮訳しています。

お問い合わせ先

消費・安全局消費・安全政策課
代表:03-3502-8111(内線4470)
ダイヤルイン:03-5512-2291
FAX:03-3507-4232

消費・安全局動物衛生課
代表:03-3502-8111(内線4581)
ダイヤルイン:03-3502-5994
FAX:03-3502-3385

消費・安全局畜水産安全管理課水産安全室
代表:03-3502-8111(内線4539)
ダイヤルイン:03-6744-2105
FAX:03-3501-2685