このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

「がん」と「遺伝毒性発がん物質」

  • 印刷
  • 正常な細胞は、遺伝子の働きで細胞の増殖がうまくコントロールされています。ところが、この細胞の遺伝子が何らかの理由で突然変異を起こすと、細胞増殖のコントロールができなくなり無秩序な増殖が起こります。この変異した細胞が増殖を繰り返した結果、周囲の組織や他の組織にまで侵入し、自分の組織や他の組織を破壊する悪性化した性質を持つ腫瘍ができます。それが“がん”と呼ばれる病気です。
  • 正常な細胞に起こる遺伝子の突然変異には、タバコや食品に含まれている化学物質、紫外線などの様々な外的要因が関係しています。遺伝子は細胞中のDNAに暗号として記録されています。このDNAが、外的要因によって傷付つけられると暗号が変化し、遺伝子の突然変異が起こります。このように、細胞のDNAに直接作用して傷付ける可能性があり、遺伝子の突然変異をもたらし、それが原因となって発がんを起こす物質を「遺伝毒性発がん物質」といいます。
  • 化学物質の中には、DNAと結合しやすいという特徴を持っている物質があり、このような化学物質が体内に吸収されると、細胞内のDNAと結合したり離れたりする時にDNAを傷付けてしまうことがあります。このことから、DNAに結合する化学物質は、遺伝子の突然変異を起こしやすく遺伝毒性発がん性があります。
  • 発がんの過程は、複数の段階を経て起こると考えられています。遺伝毒性発がん物質などの働きによって遺伝子の突然変異が起き、異常な細胞が発生する段階は、発がんの最初の過程で「イニシエーション」と呼ばれています。この遺伝子の突然変異を起こした異常細胞が最初は1つでも、増殖を繰り返すことで徐々に増えていきます。ただし、細胞の遺伝子は異常細胞の増殖を抑制する機能を備えています。細胞は、DNAの傷を自分で修復したり、もしくは異常化した場合に自ら死滅したりすることで異常細胞が増えるのを防いでいます。そのため、遺伝毒性発がん物質によってDNAに複数の傷ができ、複数の遺伝子に突然変異が起きて、異常細胞の増殖を抑制する機能までが失われてしまった場合に“がん”になると考えられています。
  • イニシエーションが起きた異常細胞の増殖が、何らかの理由で促進されることがあります。この異常細胞の増殖が促進される過程は「プロモーション」と呼ばれています。ある種の化学物質は、遺伝毒性発がん物質のように細胞の遺伝子突然変異を引き起こさないものの、異常細胞の増殖を促進することが知られています。例えば、食塩は胃がん、脂肪は大腸がん、アルコールは食道がんの進行を促進すると考えられています。プロモーション作用を持つ物質を摂取することによって、より“がん”になりやすくなると言われています。
  • プロモーション作用は可逆的で、プロモーション作用を持つ物質がなくなれば異常細胞の増殖能力は弱まります。ただし、イニシエーション作用を持つ遺伝毒性発がん物質の多くは、それ自体がプロモーション作用も同時に持っていて、最初の遺伝子の突然変異だけではなく、第2、第3の遺伝子の突然変異を起こすことによって異常細胞の増殖を促進すると考えられています。
  • “がん”は、イニシエーション、プロモーションなどの複数の段階を経て発生すると考えられています。がんの始まりは1個の細胞の遺伝子の突然変異ですが、それが“がん”へと成長するまでには複数の遺伝子の突然変異が関係しています。遺伝毒性発がん物質は、このがんの発生過程で重要な役割を果たす遺伝子の突然変異を引き起こすため、どんなに少ない量でも発がんの原因となると考えられており、本来であれば食品のように人が摂取するものに含まれるべきものではありません。
  • 農薬や食品添加物などの意図的に食品に用いる化学物質に遺伝毒性発がん性の疑いがある場合には、その使用を禁止しています。しかし、アクリルアミドのように調理により非意図的に食品を汚染する化学物質、環境中に存在し食品を汚染する化学物質の場合には、その汚染を完全に防ぐことは困難ですが、できる範囲で食品に含まれている遺伝毒性発がん物質の量を少なくする努力が必要です。

お問い合わせ先

消費・安全局消費・安全政策課
食品危害対策班
代表:03-3502-8111(内線4451)
ダイヤルイン:03-3502-5722
FAX:03-3597-0329