このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

アジア型マイマイガ(AGM)に関する情報

アジア型マイマイガ(AGM)に関する規制措置

我が国を含む東アジアやロシア等に広く分布するアジア型マイマイガ(AGM)について船舶や貨物を経由して侵入するおそれが大きい重要な森林害虫であるとして、

AGM飛翔期間中に我が国に寄港した船舶を対象に、

1.米国、カナダ及びチリは、米国、カナダ及びチリが認めた民間検査機関が発給するAGM不在証明書の提示を求めています。

2.ニュージーランドは、入港後検査を実施しています。

また、米国及びカナダは、北米に向かう船舶や船積貨物について、北米向けの船舶関係者及び貨物を扱う関係者、港湾関係者の方々へAGM卵塊等の付着に注意し、発見時には除去するなどの自主的な取組を要求しています。

AGMに関する各国の検疫措置について

 

AGM対策の取組について

その他のリスク管理について  

  • 米国及びカナダへの日本の港におけるAGMリスク管理措置提案及び平成28年度における調査の実施について
  • 米国及びカナダへの日本の港におけるAGMリスク管理措置提案及び平成27年度における調査の実施について
  • 米国及びカナダへの日本の港におけるAGMリスク管理措置提案及び平成26年度における調査の実施について
  • 米国及びカナダへの日本の港におけるAGMリスク管理措置提案及び平成25年度における調査の実施について
  • 米国及びカナダへの日本の港におけるAGMリスク管理措置提案及び平成24年度における調査の実施について
  • 米国及びカナダへの日本の港におけるAGMリスク管理措置提案及び平成23年度における調査の実施について

リンク

お問い合わせ先

消費・安全局植物防疫課
代表:03-3502-8111(内線4565)
ダイヤルイン:03-3502-5978
FAX:03-3502-3386