このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

田んぼの水管理についておしえてください。

こたえ


稲(いね)が生育(せいいく)するためには、多くの水を必要とします。
水は、平野部は、川やため池から引いた水路を通して水口から水田に入れますが、傾斜地(けいしゃち)では水田を階段状(かいだんじょう)に作って、上の田から下の田に水を順々に流して供給(きょうきゅう)します。
また、ふつう、水田には3~5センチメートルの深さの水を入れておきます。農家が朝夕水田を見回るのは、この水の深さを調節するためです。
気温が低い時は、稲を寒さから守るため水を深くしたり、あるいは、根の張りを良くするため、時々水を干(ほ)して土の中へ空気を供給したりします。

参考
農研機構 東北農業研究センター お米のよくある質問集
http://www.naro.affrc.go.jp/laboratory/tarc/rice_faq/growing/025119.html[外部リンク]

「米」で総合学習 みんなで調べて育てて食べよう!シリーズ第1巻イネを育てる 種もみの準備から収穫まで 金の星社
米ネット お米ものしりゾーン(社)米穀安定供給確保支援機構
 https://www.komenet.jp/_qa/index.html[外部リンク]
図説:東北の稲作と冷害 生育時期別の一般的な水管理 農研機構


令和2年更新

消費者の部屋


お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
こども相談電話 03-5512-1115