このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

黒豚(くろぶた)の見わけ方をおしえてください。

こたえ



黒豚というのは、豚の種類のうちの一つであるバークシャー種をさします。
イギリスのバークシャー州を原産地とするバークシャー種が明治時代に導入され、鼻の先、手足、しっぽの先以外の全身が黒いことから「黒豚」と呼ばれるようになりました。

ほかの品種(白豚)よりも発育がおそく、産む子どもの数も少ない。
肉は赤みがあざやかでやわらかく、ロースが大きいのが特徴(とくちょう)です。


国産、外国産を問わずバークシャー純粋種(じゅんすいしゅ)の豚肉のみを「黒豚」と表示できるものとすると食肉小売品質基準(ひんしつきじゅん)でさだめられています。

黒豚は精肉(せいにく)になると見わけがつかないので、お店の表示で確認(かくにん)してください。


参考

全国食肉事業協同組合連合会ホームページ「お肉の表示ハンドブック2019」
https://www.ajmic.or.jp/kumiai/hyouji.html


令和3年更新

消費者の部屋



お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
こども相談電話 03-5512-1115