このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

さけは、春夏秋冬、それぞれどこにいるのかおしえてください。

こたえ



さけは川で生まれ、海にくだって成長し、再(ふたた)び生まれた川にもどり卵(たまご)を産みます。
同じ年に同じ川で生まれたさけでも、いっせいに帰るということはありません。
2~7年の間に別々に帰ってきます。これは種族保存(しゅぞくほぞん)の本能(ほんのう)だと考えられます。

3月から5月に放流されたサケの子どもは、初夏までに北海道沿岸を離れ、オホーツク海南部へ移動し8月から11月はそこで過ごします。

12月から5月は太平洋西部に移動して冬を越(こ)します。

6月までにベーリング海(太平洋の最北部)へ移動。
11月ごろ南下してアラスカ湾へ移動し、12月から5月はアラスカ湾で過ごします。

6月にはベーリング海にもどり、11月にはまたアラスカ湾に南下します。
この季節(きせつ)の南北移動をくりかえして、成魚(おとな)になります。

現在、日本のさけは、ほとんどが人工的にふ化放流したものですが、放流したサケの稚魚のうち、成魚になってもどってくるのは、わずか3~5%です。

参考

「 自然の中の人間シリーズ16 豊かな海をつくる」PHP研究所
公益社団法人 北海道さけ・ます増殖事業協会パンフレット「秋サケブック」

令和3年更新

消費者の部屋



お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
こども相談電話 03-5512-1115