このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

魚に味覚はありますか。

こたえ


魚にも味覚を感じるための味蕾(みらい)という細胞(さいぼう)があることから、甘味(あまみ)、酸味(さんみ)、辛味(からみ)、苦味(にがみ)の4つの味が分かると考えられています。
ただ、魚の味蕾は人間のように舌(した)だけでなく、口内、ヒゲ、ヒレのほかくちびるにもあるので、ここでエサの味見をすることができます。
ある種の魚では、味として感じる物質(ぶっしつ)の一つのアミノ酸(うま味)の感度がヒトの1万倍以上も高いものがあります。


参考
「海のはくぶつかん」東海大学海洋科学博物館 2018,7夏号(vol48,NO3)
https://www.muse-tokai.jp/research_umihaku


令和2年更新

消費者の部屋


お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
こども相談電話 03-5512-1115