このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

漁獲量(ぎょかくりょう)が減少(げんしょう)している理由をおしえてください。

こたえ


日本の漁業・養殖業(ようしょくぎょう)の生産量は、昭和59(1984)年をピーク(1282万トン)に、昭和63(1988)年頃から平成7(1995)年ごろにかけて急速(きゅうそく)に減少(げんしょう)し、その後はおだやかな減少傾向(けいこう)が続いています。平成7年にかけて急速に減少した理由は、1.自分の国以外の国が魚をとることを禁じる「排他的経済水域(はいたてきけいざいすいいき)」を各国(かくこく)が設定(せってい)したことで、海外の漁場(じょじょう)で魚をとることができなくなったこと、2.マイワシの漁獲量の減少、3.漁場環境(かんきょう)が悪くなったこと等によるものです。マイワシの漁獲量の減少は、海水温度の上昇(じょうしょう)による海洋環境(かいようかんきょう)の変動(へんどう)の影響(えいきょう)を受(う)けて、資源量(しげんりょう)が減少したことが、主な要因(よういん)と考えられています。

出典
水産庁 平成30年水産白書
http://www.jfa.maff.go.jp/j/kikaku/wpaper/index.html


令和元年にデータの見直しをしました。

消費者の部屋


お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
こども相談電話 03-5512-1115