このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

漬物(つけもの)にぬかを使用することでどういう効果(こうか)がありますか。

こたえ


ぬかに塩と水を混(ま)ぜて乳酸(にゅうさん)発酵(はっこう)させた、ぬか床(どこ)に野菜を漬けるぬか漬け。
ぬか床の乳酸菌(きん)には腸内環境(ちょうないかんきょう)を改善(かいぜん)するはたらきがあります。便秘解消(べんぴかいしょう)や美肌効果(びはだこうか)、肥満(ひまん)や糖尿病(とうにょうびょう)のリスクをへらします。また、免疫力(めんえきりょく)をたかめ、風邪(かぜ)の予防(よぼう)に役立ちます。
ぬかに多く含(ふく)まれる栄養分が野菜にうつるため、生で食べるよりも栄養がアップします。なかでもビタミンB1は野菜によっては10倍以上にふえます。
ぬか床の乳酸菌や酵素(こうそ)の働きによって、アミノ酸(さん)やペプチドが生まれ、野菜のうまみがまします。


令和2年更新

消費者の部屋


お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
こども相談電話 03-5512-1115