このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

ヒノキは虫がつきにくいと聞きましたがなぜですか。

こたえ



ヒノキはシロアリや木材腐朽菌(ふきゅうきん)にたいする耐久性(たいきゅうせい)にすぐれているので、古くから家屋や神社仏閣(じんじゃぶっかく)などの建築用材(けんちくようざい)として利用されています。

ヒノキの抗菌性(こうきんせい)はカジノールなどの揮発性(きはつせい)テルペン類やフェノール類によるものです。

カビ類、枯草菌、ブドウ球菌、大腸菌などの細菌類に対し、100~1000ppmの濃度で抗菌性を発揮(はっき)します。

参考

一般社団法人 日本木材総合情報センターホームページ(外部リンク)
https://www.jawic.or.jp/health/kenkou2.php

令和3年更新

消費者の部屋



お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
こども相談電話 03-5512-1115