このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

田んぼに入れるのは、どうしてアイガモがよいのですか。

こたえ


アイガモを田んぼに入れることで、田んぼの雑草(ざっそう)や害虫を食べてくれます。また、アイガモが田んぼを泳ぐことで、田んぼの土をかき混(ま)ぜてくれます。
そうすると、酸素(さんそ)が土に混ざり、根から酸素が吸収(きゅうしゅう)されますし、アイガモのフンは肥料(ひりょう)になりますので稲(いね)が良く育ちます。
ただ、アイガモは、稲の草丈(くさたけ)よりも低く、稲よりも雑草のほうがやわらかくて食べやすいのですが、稲が実ると稲を食べてしまいますので、稲が開花するころには田んぼから出します。

参考
そだててあそぼう65 アイガモの絵本 農文協
農業技術事典 アイガモ農法(雑草・経営) 農研機構
「米」で総合学習 みんなで調べて育てて食べよう!シリーズ1イネを育てる 種もみの準備から収穫まで 金の星社
山形アグリネット米作りQ&A
http://agrin.jp/hp/q_and_a/qa_main.html


令和2年更新

消費者の部屋


お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
こども相談電話 03-5512-1115