このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

どうして、鹿児島県(かごしまけん)のシラス台地でサツマイモがよく栽培(さいばい)されるのですか

こたえ



鹿児島県の本土面積の約6割(わり)をおおうシラスは,噴火(ふんか)のときの火砕流(かさいりゅう)や,空中にまいあがった軽石や火山灰(かざんばい)などが堆積(たいせき)したものです。

シラスは保水性(ほすいせい)にとぼしく,やせた土壌(どじょう)のため農業生産性(せいさんせい)がひくくなります。

さらに台風がよく上陸する地域(ちいき))うという自然条件(しぜんじょうけん)のもとで先人(せんじん)たちは,主にサツマイモ,ダイズ,ナタネなどの乾燥(かんそう)に強い畑作物を栽培してきました。

参考

鹿児島県ホームページ「シラスと暮らし」(外部リンク)
https://www.pref.kagoshima.jp/reimeikan/josetsu/bumon/minsoku/shirasu/index.html

令和3年更新

消費者の部屋



お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
こども相談電話 03-5512-1115