このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

昔、農薬を使わないでお米を作っていたときには、害虫をどうやって防(ふせ)いでいたのですか。

こたえ



近代的な農業が行われる以前は、病害虫による被害(ひがい)は天災(てんさい)の一つと考えられていて、いったん病気や害虫が発生するとそれを防ぐ方法はありませんでした。

日本では、いわゆる「虫追い(むしおい)」、「虫送り」といって、農家がみんなで太鼓(たいこ)、半鐘(はんしょう)、たいまつ等をもち、声を出しながら田んぼのまわりを歩き、稲(いね)に付く虫を追い払ったと言われています。
江戸(えど)時代には鯨(くじら)からとった油を水田にまいて油の膜(まく)を作り、そこに竹ざおなどで稲に付いている害虫を払(はら)い落として、害虫を油の膜でつつみ息を止める「注油法(ちゅうゆほう)」が広くおこなわれ、昭和の初期まで続けられました。
また、収穫後(しゅうかくご)の刈(か)り株(かぶ)で害虫が越冬(えっとう)しないように、刈り株を焼いたり、土の中に埋(う)めたり、冬の間水田に水を入れっぱなしにする方法や水田の周りの雑草で害虫が越冬しないように、雑草を焼く方法なども行われました。

参考

農林水産省ホームページ「農薬の基礎知識(4)農薬の歴史」
https://www.maff.go.jp/j/nouyaku/n_tisiki/tisiki.html
(社)米穀安定供給確保支援機構ホームページ「米ネット お米ものしりゾーン
https://www.komenet.jp/_qa/index.html[外部リンク]
やまがたアグリネットホームページ「米作りQ&A」
http://agrin.jp/hp/q_and_a/qa_main.html[外部リンク]


令和3年更新

消費者の部屋



お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
こども相談電話 03-5512-1115