このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

赤潮(あかしお)はなぜ発生するのですか。

こたえ



赤潮とは、「海水中で微少(びしょう)な生物(おもに植物性(しょくぶつせい)プランクトン)が異常(いじょう)に増殖(ぞうしょく)して、そのために海の色が変わる現象(げんしょう)」をいいます。

赤潮は富栄養化(ふえいようか:海水にふくまれる栄養分が自然の状態より増えすぎてしまうこと)したところで発生します。

人間が使った洗剤(せんざい)や農薬、肥料(ひりょう)などにふくまれる窒素(ちっそ)やリンはプランクトンの栄養になります。

海水が富栄養化した状態のときに太陽の光をたくさんあびると、多くのプランクトンが発生し、魚のえらにプランクトンがつまったり、プランクトンがいっせいに呼吸(こきゅう)することで水中の酸素(さんそ)が少なくなるので、魚や貝などが酸素不足(さんそぶそく)で死んでしまいます。

参考

東京都環境局ホームページ「赤潮とは?」(外部リンク)
https://www.kankyo.metro.tokyo.lg.jp/water/tokyo_bay/red_tide/about.html

学研キッズネット「赤潮って何ですか?」(外部リンク)
https://kids.gakken.co.jp/kagaku/eco110/ecology0045/


令和3年更新

消費者の部屋


お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」

こども相談電話 03-5512-1115