このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

赤潮(あかしお)はなぜ発生するのですか。

こたえ


赤潮とは、海水中で微少(びしょう)な生物(おもに植物性(しょくぶつせい)プランクトン)が異常(いじょう)に増殖(ぞうしょく)して、そのために海の色が変わる現象(げんしょう)です。
赤潮がおこると、プランクトンが魚のえらに触れ、えらに障害(しょうがい)をおこして呼吸(こきゅう)できなくなったり、プランクトンが大量に酸素(さんそ)を消費するため海水の酸素が欠乏(けつぼう)して大量の魚が死んでしまうこともあります。
1960-1970年代の高度経済成長期(こうどけいざいせいちょうき)に栄養塩(えいようえん)(リン、窒素(ちっそ))、有機物の排出(はいしゅつ)によって赤潮の発生件数(けんすう)が急激(きゅうげき)に増加(ぞうか)しました。
そこで水質汚濁防止法(すいしつおだくぼうしほう)の改正により排水基準(はいすいきじゅん)が強化されました。
その結果、赤潮の発生件数が3分の1にまで減少(げんしょう)しました。

参考
瀬戸内海漁業調整事務所 瀬戸内海の赤潮
http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/water/tokyo_bay/red_tide/about.html


令和2年更新

消費者の部屋


お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
こども相談電話 03-5512-1115