このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

世界のお米の地域(ちいき)ごとの品質(ひんしつ)の特徴(とくちょう)をおしえてください。

こたえ


世界で栽培(さいばい)されているイネには「アフリカイネ」と「アジアイネ」の2種類(しゅるい)がありますが、「アフリカイネ」は、アフリカの西部でごくわずかに生産されているだけで、現在栽培されているほとんどのイネは、「アジアイネ」です。
「アジアイネ」は、「ジャポニカ種」(日本型イネ)、「インディカ種」(インド型イネ)、「ジャバニカ種」(ジャワ型イネ)の3種類に分けられます。
みなさんがふだん食べている米は、「ジャポニカ種」で、他に、朝鮮半島(ちょうせんはんとう)、中国東北部、ヨーロッパの一部などで作られています。
米の粒(つぶ)が短く、炊(た)くとやわらかくてねばりとつやが出るのが特徴(とくちょう)です。これは、米のでん粉(ぷん)に含(ふく)まれるアミロースの量が少ないためです。最近は、アメリカやオーストラリアでも作られるようになりました。
世界で一番多く作られているのが「インディカ種」です。全体の80%以上を占(し)めます。中国の中南部、タイ、ベトナム、インド、マレーシア、バングラデシュ、フィリピン、アメリカなどで作られています。米粒(こめつぶ)が細長く、アミロースの量が多いので、炊いてもかためでパサパサしています。
「ジャバニカ種」は、インドネシアのジャワ島などでごくわずかに栽培されています。米粒の幅(はば)が広く大型です。味はあっさりしていてねばりがあります。

参考
そだててあそぼう いねの絵本 農文協
お米・ごはんBOOK 公益社団法人米穀安定供給確保支援機構
お米教室 世界のお米 中国四国農政局


令和2年更新

消費者の部屋


お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
こども相談電話 03-5512-1115