このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

かぼちゃの国内生産量、おもな産地と種類をおしえてください。

こたえ


2017(平成29)年産野菜生産出荷統計(しゅっかとうけい)によると、全国の収穫量(しゅうかくりょう)は、16万1千トン、主な生産地は、北海道が57%で、次いで鹿児島県(かごしまけん)、茨城県(いばらぎけん)です。
日本で栽培(さいばい)されている種類は、日本かぼちゃ、西洋かぼちゃおよびぺぽかぼちゃの3種類があります。
日本かぼちゃは、粘質(ねんしつ)でねっとりとしていて醤油(しょうゆ)との相性(あいしょう)が良く、日本料理に向きます。
現在(げんざい)では、食生活の洋風化に伴(ともな)い、甘(あま)みが強く、粉質でほくほくした味わいがある西洋かぼちゃが主流となりました。
えびす南瓜(かぼちゃ)は西洋かぼちゃの一種で、日本のほとんどがこのかぼちゃと言われるほどシェアを占(し)めています。
また、ぺぽかぼちゃは、淡泊(たんぱく)な味です。そうめんかぼちゃやズッキーニなどもぺぽかぼちゃの一種です。

出典
農林水産省 作況調査
https://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/sakkyou_yasai/index.html


令和元年にデータの見直しをしました。

消費者の部屋


お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
こども相談電話 03-5512-1115