このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

栽培漁業(さいばいぎょぎょう)と養殖漁業(ようしょくぎょぎょう)の違(ちが)いについておしえてほしい。

こたえ


栽培漁業とは、卵(たまご)から稚魚(ちぎょ)になるまでの一番弱い期間を人間が手をかして守り育て、無事に外敵(がいてき)から身を守ることができるようになったら、その魚介類(ぎょかいるい)が成長するのに適(てき)した海に放流し、自然の海で成長したものを漁獲(ぎょかく)することです。
養殖漁業は、出荷(しゅっか)サイズになるまでを水槽(すいそう)やいけすで育てます。即(すなわ)ち、魚の子供の頃から大人になるまで、人の管理下で育てられています。
一番大きな違いは、栽培漁業では魚を海に放流しますが、養殖漁業は魚を水槽などで育て、放流はしないというところです。
漁業・養殖業の生産量のうち養殖業は約25%を占(し)めています。

参考
水産庁水産白書
http://www.jfa.maff.go.jp/j/kikaku/wpaper/index.html


令和2年更新

消費者の部屋


お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
こども相談電話 03-5512-1115