このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

稲作(いなさく)に向いている土の種類をおしえてください。

こたえ



米作りは土作りからと言われますが、大事なことは水と肥料分(ひりょうぶん)と酸素(さんそ)です。
肥料分については、肥料の主成分でもある次の3元素(げんそ)、窒素(ちっそ)N(稲の生長に必須(ひっす))、リンP(茎(くき)の数を増(ふ)やし実りをよくする、リン酸の形で稲に吸収(きゅうしゅう)される)、カリウムK(葉や茎を丈夫(じょうぶ)にする)をたっぷり含(ふく)むこと。
そして、有機物が豊富(ほうふ)で微生物(びせいぶつ・バクテリア)が住みやすい(バクテリアは有害な病原菌(びょうげんきん)を食べてくれ、根からの養分吸収を助けてくれる)こと。さらに、やわらかくて酸素が十分に存在し、水はけがほどよいことです。
これらのことが、米作りだけでなく作物の生育に大切な、土の条件(じょうけん)です。こういった条件がそろうと、バランスのとれた土になります。
ほとんどの田んぼの土には何かが不足しているので、肥料を入れたり、砂地で水はけが良すぎたら、肥料分や水を保つ力が弱くなるので、粘土質(ねんどしつ)の土を加えたりして欠点を補(おぎな)ってあげます。
しかし、粘土質の土は粘(ねば)りが強すぎて土を掘り起こすのが大変なので向きません。

参考

「水稲栽培のポイント「お米が実った!」「大切な土作り」」農林水産省
「「米」で総合学習 みんなで調べて育てて食べよう!シリーズ第1巻イネを育てる 種もみの準備から収穫まで」 金の星社


令和3年更新

消費者の部屋


お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
こども相談電話 03-5512-1115