このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

稲の苗を何センチ間隔(かんかく)で植えたらよいのですか。

こたえ


苗代(なわしろ)で大きく育てた苗は、どの苗にも公平に太陽のエネルギーが届(とど)くようにするために株(かぶ)と株の間隔(かんかく)をあけて植えます。
苗がうまく育っていたなら、畝間(うねま)も株間(かぶま)も30センチメートルぐらいにして植えます。
草丈(くさたけ)が短く、まだ株の分かれが進んでいない苗が多い場合には、株間を20~25センチメートルくらいにつめて植えるとよいと言われています。

参考
「米」で総合学習 みんなで調べて育てて食べよう!シリーズ第1巻イネを育てる 種もみの準備から収穫まで 金の星社


令和2年更新

消費者の部屋


お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
こども相談電話 03-5512-1115