このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

種がない柿(かき)があるのはどうしてですか。

こたえ


果物は、ふつうおしべから花粉が出て、めしべに受粉して、実が大きくなります。しかし、柿の中でも受粉しなくても実が大きくなる品種があります。これを単為(たんい)結果といいます。例えば平核無(ひらたねなし)や刀根早生(とねわせ)という品種です。 6~7月ごろは小さな種のようなものがありますが、しだいに消えてしまいます。ただし、冷夏の年などには、小さな種がのこることがあります。温州(うんしゅう)みかんやバナナ、イチジクなども種がないのは、同じわけです。

参考
農文協 そだててあそぼう30「カキの絵本」


令和2年更新

消費者の部屋


お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
こども相談電話 03-5512-1115