このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省で使っている封筒(ふうとう)の裏(うら)に、緑色のマークがついていますが、これはどういう意味のマークですか。

こたえ

 間伐材マーク

間伐材(かんばつざい)を利用した製品(せいひん)であるというマークです。
日本には、昭和30年代から40年代に植林した人工林が多く、手入れを必要とする森林がたくさんあります。
健全な森林にするためには、間伐といって、混(こ)みすぎた森林の立木を一部を抜(ぬ)き伐(き)りする必要がありますが、それには伐採(ばっさい)された間伐材の需要(じゅよう)を増やす必要があります。
林野庁(りんやちょう)では、間伐材の利用促進(そくしん)を進めており、間伐材を使用したものは、間伐材のマークをつけています。
封筒や用紙の他に、椅子(いす)や机(つくえ)、ファイル、ジュースなどの容器(ようき)など、最近ではいろいろな製品に間伐材が利用されています。


参考 林野庁 間伐等推進総合対策の推進について
http://www.rinya.maff.go.jp/j/kanbatu/suisin/index.html


令和2年更新

消費者の部屋


お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
こども相談電話 03-5512-1115