このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

きりたんぽとは、どういう食べ物ですか。

こたえ


ご飯をすりこぎですりつぶし、棒(ぼう)ににぎりつけて焼いたものを、秋田では「きりたんぽ」とよびます。みそをぬって「みそ焼きたんぽ」としても食べますが、もっとも有名なのは、鍋物(なべもの)に入れた「きりたんぽ鍋」です。きりたんぽの語源(ごげん)は、江戸(えど)時代に南部藩主(なんぶはんしゅ)が花輪(はなわ)地方を見回ったさいに、藩主をもてなすため、食事に木こりや漁師(りょうし)たちの弁当(べんとう)にもっていく「わっぱ」の飯をこねて棒の先につけてたき火で焼いたところ、藩主がおいしいとよろこんで、料理名を問うたところ、短穂槍(たんぽやり:短い穂(ほ)のついたけいこ用のヤリ)に形が似(に)ていたのでとっさに「たんぽ」と答えたのが始まりといわれています。

参考
日本図書センター まるごとわかるふるさとおもしろ食べもの百科 第1巻


令和2年更新

消費者の部屋


お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
こども相談電話 03-5512-1115