このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

日本はおもにどこの国から農林水産物を輸入(ゆにゅう)しているのですか。

こたえ


平成30年の農林水産物の主な輸入相手国は、1位が米国18,077憶円(18.7%)、2位中国12,477憶円(12.9%)、3位カナダ5,875憶円(6.1%)となっています。
おもな輸入品目は、米国はとうもろこし(3,421憶円)、牛肉(1,656憶円)、豚肉(ぶたにく)(1,379憶円)。
中国は鶏肉(とりにく)調製品(ちょうせいひん)(999憶円)、冷凍(れいとう)食品(914憶円)、生鮮(せいせん)野菜(443憶円)。
カナダは豚肉(1,167憶円)、なたね(採油(さいゆ)用)(1,143憶円)、製材(せいざい)(853憶円)となっています。


出典
農林水産省 農林水産物輸出入概況2018年(平成30年)
http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/kokusai/houkoku_gaikyou.html


令和元年にデータの見直しをしました。

消費者の部屋


お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
こども相談電話 03-5512-1115