このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

水産業における環境(かんきょう)にやさしい取組についておしえてください。

こたえ



藻場(もば:海底に海藻(かいそう)が茂(しげ)って魚類やプランクトンの多い場所)は多くの水生生物(すいせいせいぶつ)の生活を支え、産卵や魚のこどもの成育の場を提供する以外にも、海水の浄化(じょうか)に大きな役割を果たしていますので、藻場の育成(海藻類の移植・増殖)に取り組んでいます。

磯焼け(いそやけ:海藻を食べる魚やウニなどが増えすぎることで生態系(せいたいけい)のバランスがくずれて藻場が失われること)の対策として、食害生物を駆除(くじょ)しています。


海に流出したプラスチックごみは、海鳥(うみどり)や海洋生物が誤(あやま)って食べてしまったり、網(あみ)やロープに絡(から)まって死んでしまったり、ごみがただよい海が汚れてしまう等、環境や生態系(せいたいけい)に影響(えいきょう)をあたえるほか、漁をする際にもごみが網に混入したり、船のスクリューにごみが絡まってしまうこともあります。
さらに、紫外線(しがいせん)等によって劣化(れっか)し細かくなったマイクロプラスチックは、表面に有害な化学物質が吸着(きゅうちゃく)する性質があることから、食物連鎖(しょくもつれんさ)を通して海の生き物への影響が心配されています。

このため、漁業、養殖業(ようしょくぎょう)用のプラスチック資材(しざい)について、環境に配慮(はいりょ)した素材(そざい)への転換(てんかん)やリサイクルしやすい漁具(ぎょぐ)の開発を行っています。
また、漁をするときに網に入った海洋ごみを回収して持ち帰り処分したり、地域で行う海岸の清掃を行っています。

参考

水産庁ホームページ「藻場の働きと現状」
https://www.jfa.maff.go.jp/j/kikaku/tamenteki/kaisetu/moba/moba_genjou/

水産庁ホームページ「令和2年水産白書(5漁場環境の保全及び生態系の維持)」
https://www.jfa.maff.go.jp/j/kikaku/wpaper/r02_h/measure/m_01_5.html



令和3年更新

消費者の部屋


お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
こども相談電話 03-5512-1115