このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

消費者の部屋

消費者相談

エゴマ油が身体によいというので、購入してみましたが、エゴマとはどのようなものですか。

回答

シソ科シソ属の1年草で東アジアから東南アジアで古代より栽培されていました。種子油が食用や灯油のほか、油紙、雨傘などの防水加工に用いられましたが、江戸時代以降は菜種油や綿実油に押されて栽培は衰退しました。種子はシソに比べて大きく、種皮は黒褐、茶褐、灰白色で、あらい網状紋があります。主成分は脂質で、たんぱく質、カルシウム、カリウムも多く含まれ、脂肪酸組成はα‐リノレン酸が60%前後、次いでオレイン酸が15%前後です。エゴマの葉は韓国料理の影響で、スーパーでも見かけるようになりました。

参考資料

「食材図典」(小学館) 「食品図鑑」(女子栄養大学出版部)

回答日

お問合せ先

消費・安全局消費者情報官消費者の部屋
ダイヤルイン:03-3591-6529