このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

消費者の部屋

消費者相談

友人よりコーヒーに入れるクリームは体に良くない成分が含まれているので使わないほうがいいと言われ、他にもマーガリンやパン等にも含まれていると聞きました。これはどういうものか教えて欲しい。

回答

それはトランス脂肪酸のことだと思われます。現在、トランス脂肪酸を摂り過ぎた場合の健康への悪影響が注目されており、具体的には、トランス脂肪酸を摂る量が多いと、血液中のLDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)が増えて、一方、HDLコレステロール(いわゆる善玉コレステロール)が減ることが報告されています。日常的な食生活でトランス脂肪酸を多く摂り過ぎている場合には、少ない場合と比較して心臓病のリスクを高めることが示されています。
    脂質の摂取量が多く、それによる生活習慣病が社会問題となっている国では、加工食品に飽和脂肪酸やトランス脂肪酸などの含有量の表示の義務づけや食用油脂に含まれるトランス脂肪酸の上限値の設定をしているところがあります。
    トランス脂肪酸は天然にできるものと加工や精製によりできるものがあり、脂質に水素を添加することにより製造されるマーガリンやファットスプレッド、ショートニングなどや、それらを原材料に使ったパン、ケーキ、ドーナツなどの洋菓子、揚げ物などにトランス脂肪酸が含まれています。日常生活で摂り過ぎた場合には生活習慣病になる可能性が高くなりますが、トランス脂肪酸という食品中の一成分だけに着目するのではなく、バランスよい食事をすることが大事です。
 
  農林水産省ホームページ内に様々な情報を掲載しています。
            http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/trans_fat/t_wakaru/index.html

参考資料

 

回答日

お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課消費者の部屋
ダイヤルイン:03-3591-6529