このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

消費者の部屋

消費者相談

購入したばかりの卵を割ってみたら血が混ざっていましたが、品質に問題はありませんか。また、卵を保存するときに尖った方(鋭部)を下にするのはなぜですか。

回答

血が混ざった卵は、鶏に何らかのストレス(大きな音など、鶏が驚くようなこと)が一時的に加わった場合に卵巣や輸卵管の毛細血管が破れ、そこから流れ出たごく少量の血液が卵黄膜に付着してできるものです。
    食用として血の部分を除いて生食しても問題はありませんが、そのままで生食するのは気持ち悪いようでしたら加熱して食べてください。
   
    なお、卵を保存するときに尖った方(鋭部)を下にして保存する理由は2つあります。
    1つは丸い方(鈍部)よりも鋭部の方が卵殻の強度があることです。
    もう1つは鈍部には「気室」があり、こちらを下にすると卵黄と気室内の空気が触れ易くなって細菌が入り込む可能性が高くなるからです。
   
    最近、「朝食」の重要性が見直されています。良質のたんぱく質を豊富に含む卵は手軽で栄養満点な朝食メニューの強い味方です。是非、朝食に卵を取り入れて元気な一日を始めてみませんか。

【参考文献:日本卵業協会HP「タマゴQ&A」】↓
 http://www.nichirankyo.or.jp/qa/hinshitsu.htm[外部リンク]

 

参考資料

 

回答日

お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課消費者の部屋

ダイヤルイン:03-3591-6529