このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

日本の食品ロスの現状と食品ロス削減のマーク「ろすのん」について教えてください。

回答

【日本の食品ロスの現状】
本来食べられるのに捨てられてしまう食品(「食品ロス」といいます。)は、年間約 600 万トン(平成 28 年度推定では 643 万トン)もあります。
捨てられてしまう食品のうち、約半分は家庭からのもので、それを日本人一人当たりに換算すると、年間約 50kg、毎日お茶碗約 1 杯分(約 140g)の食べものを捨てている計算となります。
食品ロスを削減するのためには、家庭での取組が重要不可欠で、削減ポイントは「家庭で必要な分だけ購入して食べ切ること」です。

【「ろすのん」は食品ロス削減国民運動のキャラクター】
食品ロス削減は、食品の生産から加工製造、流通、販売までのフードチェーン全体でも取り組んでいく必要があり、官民が連携して食品ロス削減に向けた国民運動(NO-FOODLOSS PROJECT)が展開されています。
そこで、食品ロス削減国民運動のシンボルマークとして誕生したのが「ろすのん」です。
「ろすのん」の名前は、食品ロスをなくす(non)という意味で、外見の真ん中の赤丸は「お皿」を、下の二本線は「お箸」をイメージしています。
ろすのん

参考資料

農林水産省ホームページ「食品ロス・食品リサイクル」
https://www.maff.go.jp/j/shokusan/recycle/syoku_loss/index.html
 

回答日

令和元年7月

お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
ダイヤルイン:03-3591-6529