このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

消費者の部屋

消費者相談

最近パプリカを店頭でよく見かけますが、ピーマンとは違うのですか。

回答

 

ピーマンは、ナス科トウガラシ属の植物で、原産地は中南米の熱帯地方です。
18世紀にアメリカで、より大きくて肉厚な甘トウガラシが品種改良されてベル型の大型ピーマンができました。この大型種は明治時代にアメリカから日本に伝わりましたが、一般家庭の食卓に普及するようになったのは、今の中型種が作られるようになった終戦後です。
私たちが普段食べているピーマンは緑色ですが、これは未熟な状態で収穫されたもので、完熟すると、中に含まれるカプサンチンという赤い色素が増えて赤ピーマンになります。苦味や青くささがあるため、ピーマン嫌いのお子さんもいますが、ビタミンCの量は100g中76mgと豊富で、βカロテン当量も100g中400μg含まれています。ピーマンは組織がしっかりしているので、加熱調理してもビタミンCの損失がほとんどないのが特徴です。

パプリカは、植物学的にはトウガラシと同じ仲間で、ピーマンに比べてサイズが大きくて肉厚で甘味がある大型種です。1993年頃にオランダから輸入したのを皮切りに、日本でも流通するようになり、ニュージーランドや韓国からの輸入だけでなく、国内でも栽培が行われています。果実の色は、未熟果では緑色をしていますが、完熟すると品種によって赤やオレンジ、黄、紫、白、茶、黒、緑などカラフルな色になります。赤はカプサンチン色素、黄色はカロテノイド色素、紫はアントシアニン色素によって発色します。
パプリカは苦味や青臭さが無く、果物のような甘味があるため、サラダやマリネなど生で食べても美味しいです。また、炒め物などに入れると、彩りも鮮やかで甘味もアップします。ピーマンに比べてビタミンCの量も2倍以上ありますし、赤パプリカはβカロテン当量も100g中1100μgと豊富です。パプリカも加熱調理によるビタミンCの損失はほとんどありません。1年中いつでも出回っていますので、上手に料理に採り入れましょう。
美味しいパプリカは、色が鮮やかでツヤがあり色むらがなく、へたはみずみずしいきれいな緑色をしています。張りがあって、ずっしりと重みがあるものを選びましょう。新鮮なパプリカは一週間ほど保存できます。保存する際は、水気をよくふいてから、乾燥しないようにビニール袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。

参考資料
「食材図典」小学館、「野菜の手帖」小学館
「そだててあそぼうピーマンの絵本」農文協
「大きな目 小さな目」No.57(独)農林水産消費安全技術センター
「日本食品標準成分表2015年版(7訂)」文部科学省

 

 


 

 

回答日

お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課消費者の部屋
ダイヤルイン:03-3591-6529

 


PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader