このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

子どもに箸の持ち方を教えたいので、正しい方法を教えてください。

回答

お箸は調理から盛り付け、食事までこなす、まさに和食を支える存在といわれています。
是非、正しい持ち方を覚えて、ユネスコ無形文化遺産に登録された 和食文化の保護・継承につなげていきましょう。

【正しい箸の持ち方】
1. 上の箸は親指・人差し指・中指の3本の指で軽く持ちます。
2. 親指は、人差し指の爪の横あたりにくるように意識してみましょう。
3. 箸は1cm位、手からはみ出ているのがよい状態です。
4. 下の箸は親指と人さし指の間にはさんで固定します。
5. 薬指の、爪の横にあたるように意識してみましょう。
6. 上側の箸だけを動かすようにしましょう。
7. 箸先は、きちんとそろえて使いましょう。

【自分の手に合った箸の選び方】
持ちやすい箸の長さは、親指と人差し指を直角にして計算した「あた (右図の点線部分)」の長さの1.5倍です。
大人の男性は22.5cmで、女性 は21cmが目安です。
ぴったりのサイズではなくても、プラスマイナス約 2cmの誤差であれば箸づかいに問題はありません。

【嫌い箸(間違った箸の使い方)】
ここで紹介する3つの箸使いは「嫌い箸」といわれ不作法になるため、注意しましょう。

迷い箸→どの料理にしようか迷い、箸を料理の上で動かすこと。「どれがおい しいかな?」と探っているように見えて失礼になる場合があります。
指し箸→食事途中に箸で人や物をさすこと。大変、行儀の悪い行為で、箸で指された人は不快な気持ちになります。
寄せ箸→遠くにある食器を、箸で手元に引き寄せて持ってくること。箸を使っ て皿の箸にひっかけ移動させる行為は、見た目に美しくありません。

参考資料

農林水産省ホームページ「和食文化の保護・継承」
https://www.maff.go.jp/j/keikaku/syokubunka/culture/index.html

回答日

令和元年11月

お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課「消費者の部屋」
ダイヤルイン:03-3591-6529