このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

消費者の部屋

消費者相談

「節分」の日に豆をまくのはなぜですか?また、豆まきに使う大豆の栄養についても教えてください。

回答


【節分に豆をまく理由とは】

節分(2月3日)には、「鬼は外、福は内」と豆(いった大豆)をまいて、邪気を祓った後に、年齢の数だけ豆を食べて、1年間の幸せを祈ると言われています。これは、米と同じエネルギー源で霊力を持つとされる豆をまくことで、病や災いを祓い、更にその豆を食べることで力をいただけると考えられたからです。この考え方が中国の古い鬼追いの行事「追儺(ついな)」と合わさり、広まったとされています。

【大豆の栄養について】
畑の牛肉と称される大豆ですが、文部科学省の「日本食品標準成分表」によると、いり大豆の可食部100g当たりのたんぱく質量(37.5g)は、牛肉もも(焼き)と同量のたんぱく質量(27.7g)を上回ります。しかも、体内で作ることのできない必須アミノ酸9種類を含め、人間が必要とするアミノ酸20種類すべてを含む強力なたんぱく源です。 また、たんぱく質以外にも、大豆には、アンチエイジング効果で注目されているポリアミン、総コレステロール値を低下させる大豆レシチン、腸内の善玉菌を増殖させるオリゴ糖、抗酸化作用がある大豆サポニンなど、多くの機能性物質を含んでいます。 ちなみに、「だいず」は漢字で「大豆」と書きますが、 これは「大いなる(偉大な)豆」の意味だそうです。 この名前に負けないほど、大豆は小さな粒いっぱいに 多くの栄養素が含まれています。是非、働き者の大豆 にあやかって、積極的に食事に取り入れてはいかがで しょうか。

【参考】
農林水産省「自然への感謝と祈りを込めて家族を結び、未来へとつなげる ~和食~」
農林水産省「広報誌aff(あふ)2016年6月号 特集1大豆」
文部科学省「日本食品標準成分表 2015年版(七訂)」

 


回答日 令和2年1月     


 


お問合せ先

消費・安全局消費者行政・食育課消費者の部屋
ダイヤルイン:03-3591-6529