このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

「グリーンな栽培体系への転換サポート」、「スマート農業産地展開支援」、「次世代につなぐ営農体系確立支援事業」

「グリーンな栽培体系シンポジウム」の開催について

シンポジウムチラシ
  • 「環境にやさしい栽培技術」と「省力化に資する先端技術等」を組み合わせた「グリーンな栽培体系」の取組や販路拡大に向けたシンポジウムを令和5年125日(水曜日)に開催します。グリーンな栽培体系の取組の紹介や、独自の基準で取り組んでいる農産物等における課題や仕入れ、販売の動向の変化について株式会社平和堂の武藤様より講演いただくほか、「取組拡大や販路拡大に向けて」パネルディスカッションを実施いたします。グリーンな栽培体系に興味のある方は、ご参加ください。
    1.開催日時
       令和5年1月25日(水曜日)13時00分~16時40分

    2.内容
      (1) 開会挨拶
      (2) グリーンな栽培体系の取組概要
      (3) 講演「平和堂のこだわり野菜、果物(プライベートブランドE-WA!)の仕入れ、販売における課題と今後の展望について」
       株式会社平和堂 生鮮食品事業部 青果課 課長 武藤 貴信 氏
      (4)  パネルディスカッション(取組拡大と販路拡大に向けて)
        ・ファシリテーター
           農林水産省 生産振興審議官 安岡 澄人 氏
        ・パネリスト
           宮城県大崎市 水稲、繁殖牛農家 中鉢 守 氏
           香川県 農政水産部 農業経営課 課長 岡崎 力 氏
           JA佐渡 営農振興部 部長 磯部 健一郎 氏
           株式会社平和堂 生鮮食品事業部 青果課 課長 武藤 貴信 氏
           株式会社電通 PRソリューション局 部長 食生活ラボ/電通 Team SDGs 大屋 洋子 氏
      (5)  企業ブース※会場参加者のみ、自由参加
      (6)  終了

    3.参加申込方法
       参加を希望される方は、事前のお申込みが必要です。
       チラシのQRコードを読み取るか、URLhttps://share.hsforms.com/1a07Yt6vcQ6mjll7Jyo_obAcd2d2からサイトにアクセスし、必要項目を記入しお申込みください。
       会場参加とオンライン参加をご選択いただけます。

    4.申込締切
       令和5年1月13日(金曜日)

    【チラシはこちら】シンポジウムチラシ(PDF : 1,105KB)

    「グリーンな栽培体系を学ぶ第2回オンラインセミナー」の開催について

    第2回オンラインセミナー
    • 「環境にやさしい栽培技術」と「省力化に資する先端技術等」を組み合わせた「グリーンな栽培体系」の取組を学ぶオンラインセミナーを開催いたします。「化学肥料使用低減の技術体系とプラスチック被覆肥料の代替」と「農地からの温室効果ガス削減技術」の講演のほか、「グリーンな栽培体系への転換サポート事業」を取り組んでいる各産地から、取組状況の発表もあります。グリーンな栽培体系に興味のある方は、ご参加ください。
    1.開催日時
       令和4年12月13日(火曜日)13時00分~16時10分

    2.内容
      (1) 開会挨拶
      (2)「化学肥料使用低減の技術体系とプラスチック被覆肥料の代替
            名古屋大学 大学院 生命農学研究科 応用生命科学専攻 土壌生物化学研究室 客員研究員 柴原藤善 氏
            滋賀県農業技術振興センター 環境研究部 主査 高山尊之 氏
      (3) 産地の取組発表(千葉県)
      (4)「農地からの温室効果ガス削減技術
            農研機構 農業環境研究部門 気候変動緩和策研究領域 領域長 白戸康人
      (5) 産地の取組発表(福島県、山形県)
      (6) 閉会

    3.参加申込方法
       参加を希望される方は、事前のお申込みが必要です。
       チラシのQRコードを読み取るか、URLhttps://share.hsforms.com/1eNfd26ZVSNuBNjk-VgnXfwcd2d2からサイトにアクセスし、必要項目を記入しお申込みください。
       当日までに、視聴用URLをお送りします。

    4.申込締切
       令和4年12月6日(火曜日)

    【チラシはこちら】第2回オンラインセミナー(PDF : 994KB)

    「グリーンな栽培体系実践セミナー」の開催について

    • 「環境にやさしい栽培技術」と「省力化に資する先端技術等」を組み合わせた「グリーンな栽培体系」の取組を学ぶ実践セミナーを11月22日(火曜日)に開催します。環境にやさしい栽培技術の講演とスマート農業技術の実演を行います。環境にやさしい栽培技術では、WEBサイト「日本土壌インベントリー」で利用できる土壌図や土壌管理アプリの活用や、土壌くん蒸剤の処理量低減化技術や代替技術である土壌還元消毒技術を紹介いたします。スマート農業技術では、軽労化や安全性の向上が期待できる電動リモコン草刈機や、高能率水田除草機と両正条植田植機を利用した除草作業の効率化技術について紹介します。グリーンな栽培体系に興味のある方は、ご参加ください。
    1.開催日時
       令和4年11月22日(火曜日)13時00分~16時40分

    2.内容
      (1)講演「窒素肥効や土壌有機物見える化のアプリを搭載したインベントリー土壌図」
          農研機構 農業環境研究部門 土壌環境管理研究領域 土壌資源・管理グループ 上級研究員 高田裕介 氏
      (2)講演「土壌くん蒸剤の低減化のための施用方法の高度化と低濃度エタノールを用いた土壌還元消毒の普及拡大に向けて」
          農研機構 農業環境研究部門 化学物質リスク研究領域 有機化学物質グループ 上級研究員 小原裕三 氏
      (3)実演「電動リモコン草刈機「スマモ」のご紹介」
          農研機構 農業機械研究部門 無人化農作業研究領域 革新的作業機構開発グループ グループ長補佐 栗原英治 氏
      (4)実演「高能率水田除草機と両正条植田植機を利用した有機水稲栽培に役立つ水田除草技術について」
          農研機構 農業機械研究部門 無人化農作業研究領域 小型電動ロボット技術グループ グループ長 吉田隆延 氏

    3.参加申込方法
       参加を希望される場合は、事前のお申込みが必要です。
       チラシのQRコードを読み取るか、URL(https://hubs.ly/Q01lx_YZ0(外部サイト))からサイトにアクセスし、必要項目を記入しお申込みください。
       現地参加とオンライン参加をご選択いただけます。
       現地参加の場合、事前に開催案内を確認の上、お申込みください。オンライン参加の場合、当日までに視聴用URLをお送りします。
       なお、参加申込みによって得られた個人情報は厳重に管理し、御本人への連絡を行う場合に限り利用させていただきます。

    4.申込締切
       現地参加:令和4年10月21日(金曜日)※抽選で60名、農業者、指導者を優先いたします。
       オンライン参加:令和4年11月15日(火曜日)

    【チラシはこちら】実践セミナーチラシ(PDF : 1,249KB)
    【開催案内はこちら】実践セミナー開催案内(PDF : 483KB)

    「グリーンな栽培体系を学ぶ第1回オンラインセミナー」の開催について

    • 「環境にやさしい栽培技術」と「省力化に資する先端技術等」を組み合わせた「グリーンな栽培体系」の取組みを学ぶオンラインセミナーを開催いたします。「総合的病害虫管理(IPM)と天敵利用」と「緑肥等の有機物による土づくりと化学肥料代替」の講演のほか、「グリーンな栽培体系への転換サポート事業」を取り組んでいる各産地から、取組状況の発表もあります。グリーンな栽培体系に興味のある方は、ご参加ください。
    1.開催日時
       令和4年10月26日(水曜日)13時00分~16時10分

    2.内容
      (1) 開会挨拶
      (2)「総合的病害虫管理(IPM)と天敵利用」
            農研機構 植物防疫研究部門 作物病害虫防除研究領域 領域長 長坂幸吉 氏
      (3) 産地発表(福井県、愛知県)
      (4)「緑肥等の有機物による土づくりと化学肥料代替」
            農研機構 中日本農業研究センター 温暖地野菜研究領域 有機・環境保全型栽培グループ グループ長補佐 唐澤敏彦 氏
      (5) 産地発表(滋賀県、兵庫県)
      (6) 閉会挨拶

    3.参加申込方法
       参加を希望される方は、事前のお申込みが必要です。
       チラシのQRコードを読み取るか、URLhttps://hubs.ly/Q01l2NBN0からサイトにアクセスし、必要項目を記入しお申込みください。
       当日までに、視聴用URLをお送りします。

    4.申込締切
       令和4年10月19日(水曜日)

    【チラシはこちら】第1回オンラインセミナー(PDF : 1,081KB)

    みどりの食料システム緊急対策交付金、みどりの食料システム推進交付金のうち
    グリーンな栽培体系への転換サポート(令和3年度~)

    • グリーンな栽培体系への転換サポート」は、みどりの食料システム戦略の実現に向けて、それぞれの産地に適した「環境にやさしい栽培技術」と「省力化に資する先端技術等」を組み合わせた「グリーンな栽培体系」への転換を推進するため、産地に適した技術を検証し、定着を図る取組を支援します。
    【令和4年度補正】
    (事業概要はこちら)令和4年度補正PR版(PDF : 1,067KB)
    (事業説明資料はこちら)グリーンな栽培体系への転換サポートについて(令和4年度補正)(PDF : 2,867KB)

    【令和3年度補正・令和4年度】
    (事業概要はこちら)令和3年度補正・令和4年度当初(PDF : 418KB)
    (事業説明資料はこちら)グリーンな栽培体系への転換サポートについて(令和4年4月1日時点)(PDF : 2,300KB)

    みどりの食料システム戦略推進交付金のうち
    スマート農業産地展開支援(令和4年度)

    • スマート農業産地展開支援」は、みどりの食料システム戦略の実現に向けて、スマート農業技術を活用して、持続性の高い生産基盤の構築を目指すスマート農業産地の取組を支援します。
    (事業概要はこちら) 令和4年度当初(PDF : 446KB)
    (事業説明資料はこちら) 令和4年4月1日(PDF : 1,099KB)

    次世代につなぐ営農体系確立支援事業(令和元年度~令和3年度)

    • 次世代につなぐ営農体系確立支援事業(注)」は、耕種品目の産地が抱える課題の解決に向けて、
      1.産地に適した先端技術と栽培管理体系とを融合させた新たな営農技術体系の検討と、
      2.その導入・実践に向けた具体的な戦略等を明確化する取組
      を盛り込んだ「産地営農体系革新計画」の策定を支援しています。

    • 本事業の取組主体は協議会で、生産者・都道府県(普及組織)を必須の構成員としています。
    • なお、本事業は、「産地営農体系革新計画」の策定に向けた検討会の開催や先進地調査等に要するソフト経費について主に補助することとしていますが、産地で検討した新たな営農技術体系の効果を検証するため、先端技術の試用についても支援しています。
    【事業概要はこちら】令和3年度(PDF : 424KB)令和2年度(PDF : 414KB)令和元年度(PDF : 400KB)


    (注)
    令和3年度と令和2年度においては「スマート農業総合推進対策事業」に含まれる補助事業。「次世代につなぐ営農体系確立支援事業」の1つのメニュー「産地の戦略づくり支援」にて実施。

    令和元年度においては「持続的生産強化対策事業」に含まれる補助事業。

    令和3年度に取り組んだ産地の概要

    icon_5 取組概要(PDF : 614KB)(令和3年9月10日時点版)
    本事業に取り組んだ産地の 現状・課題、目指す産地像 の概要を数行程度でご紹介しています。


    令和2年度に取り組んだ産地の概要

    icon_5 取組概要(詳細版)(PDF : 9,215KB)(令和4年11月9日時点版)
    分割版(目次)(PDF : 684KB)分割版(P1~P8)(PDF : 1,921KB)分割版(P9~P22)(PDF : 2,198KB)分割版(P23~P34)(PDF : 2,572KB)分割版(P35~P44)(PDF : 1,725KB)分割版(P45~P57)(PDF : 1,966KB)
     本事業への取り組みを通じて明確化された産地の現状・課題と目指す産地像、新技術を組み入れた新たな営農技術体系の概要をまとめています。



    取組地区一覧
    日本地図
    一覧表

    icon_5 取組概要(PDF : 383KB)(令和3年1月6日時点版)
    本事業に取り組んだ産地の概要を数行程度でご紹介しています。 




    令和元年度に取り組んだ産地の概要

    icon_5  取組概要(詳細版)(PDF : 10,007KB)(令和3年4月1日時点版)
    分割版(目次)(PDF : 682KB)分割版(P1~P9)(PDF : 2,342KB)分割版(P10~P21)(PDF : 1,839KB)分割版(P22~P34)(PDF : 1,434KB)分割版(P35~P48)(PDF : 1,385KB) 分割版(P49~P55)(PDF : 2,276KB)

     本事業への取り組みを通じて明確化された産地の現状・課題と目指す産地像、新技術を組み入れた新たな営農技術体系の概要をまとめています。



             取組地区一覧

    日本地図


    一覧図




    icon_5 取組概要 (PDF : 205KB) (令和元年9月24日時点版)
    本事業に取り組んだ産地の概要を数行程度でご紹介しています。


    お問合せ先

    農産局技術普及課

    担当者:渕上、池田、道端
    代表:03-3502-8111(内線5199)
    ダイヤルイン:03-3501-3769

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader