このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

和歌山県高野・花園・清水地域

農林水産業システムの名称 「聖地 高野山と有田川上流域を結ぶ持続的農林業システム」 

◇令和3年2月 日本農業遺産認定


高野・花園・清水地域

(写真:「高野山との結びつき」と「平地の少なさの克服」の歴史を物語るランドスケープ)

物資調達が困難な山上の聖地 高野山を支えるとともに、高野山との結びつきのなかで、平地の少なさを乗り越え、暮らしを発展させてきた持続的農林業システム。

本システムは、100を超える木造寺院を維持してきた「高野六木制度」と、高野山とともに発展してきた花園地域の「傾斜地を利用した仏花栽培」、清水地域の「棚田の畦畔を利用した多様な植物の育成・栽培」による農林業システムです。
度重なる火災に見舞われてきた高野山では、建築用材として有用性の高い6種の針葉樹について、寺院の建築・修繕以外での伐採を禁じるとともに、必要となる樹のみを択伐し、天然下種更新などにより森林を更新する「高野六木制度」を生み出すことで、用材の永続的自給を可能にしました。
有田川と参詣道「有田道」により高野山と繋がる花園・清水地域の人々は、傾斜地や棚田の畦畔において、高野山の需要にも応える多様な農林産物を育成・栽培することで、平地の少なさを乗り越え、暮らし発展させてきました。

高野山に豊作を感謝・祈願する「御田」(おんだ) 畦畔での栽培を起源とし、日本一の産地を築いた「ぶどう山椒」

(写真左:高野山に豊作を感謝・祈願する「御田」(おんだ)/ 写真右:畦畔での栽培を起源とし、日本一の産地を築いた「ぶどう山椒」)

高野・花園・清水地域紹介動画

地域概要・保全計画

参考

有田川町ホームページ

高野町ホームページ

かつらぎ町ホームページ

お問合せ先

農村振興局農村政策部鳥獣対策・農村環境課農村環境対策室

担当者:農業遺産班
代表:03-3502-8111(内線5621)
FAX:03-3502-7587

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader