このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

弘法大師の日本一の農業用ため池「満濃池」

満濃池

地域の概要

満濃池は、1300年前に造られた農業用ため池で、規模が大きいことや築造の120年後(821年)朝廷から築池別当として派遣された弘法大師(空海)がわずか二ヵ月余りで壊れた池を改築したことなど多くの伝説と類い稀な景観において名実ともに日本一でしょう。
3239haの水田にかんがい用水を供給し続けてきた丸亀平野一帯を潤す文字どおりの水がめで、周辺には、広大な水面に映る山並みをはじめ香川県を代表する美しく豊かな自然が広がっています。

地域の保全のための取り組み

昭和15年から昭和34年にかけて県営事業により実施された嵩上(かさあげ)工事により、貯水量は倍増され現在は1540万立方メートルとなりました。歴史的遺産ともいえる満濃池は農業用施設としての機能を適正に保ちながら、地域の人々の交流と憩いの場としても利用されており、近隣の香川県満濃池森林公園・国営讃岐まんのう公園には多くの人が訪れています。

交通アクセス

  1. JR土讃線・琴平駅からタクシーで15分
  2. 高松自動車道・善通寺I.Cより国道319号南へ車で約15km(約30分) 

関連ホームページ

まんのう町ホームページ(外部リンク)

お問合せ先

農村振興局整備部設計課

代表:03-3502-8111(内線5561)
ダイヤルイン:03-3595-6338
FAX:03-5511-8251