このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農業集落排水施設における遠方監視システム導入に向けて


農業集落排水施設における遠方監視システムの活用状況や導入効果等を調査し、その活用を促進するための資料をとりまとめました。

農業集落排水施設(以下「集排施設」という。)は、令和2年度までに全国に約4,800施設(処理人口約306万人)が供用されているところです。

しかし、近年の自治体の厳しい財政状況や担当職員の減少とともに、集排施設における老朽化の進行も重なり、広範囲に分散整備された施設の維持管理の負担が増加しています。一方、ICT分野においては、スマートフォンの普及をはじめ、IoT、5G等に代表される情報通信技術開発が進んでいるところです。

このような状況を踏まえて、集排施設の効率的な維持管理に向けたICT活用を促進するため、遠方監視システムの導入状況、活用状況、最新技術を調査し、その導入効果等をとりまとめました。

本資料の活用により、遠方監視システムの導入が進められ、集排施設の維持管理の効率化が図られることを期待しております。

    お問合せ先

    農村振興局整備部地域整備課

    担当者:農村資源循環班
    代表:03-3502-8111(内線5615)
    ダイヤルイン:03-6744-2209
    FAX番号:03-3501-8358

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader