このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

「つなぐ棚田遺産」オフィシャルサポーターのご紹介(五十音順)

アクセリア株式会社

アクセリアロゴ

【「つなぐ棚田遺産」に関する取組 】
取組実績は適宜こちらに掲載いたします。 

【計画】
WEBページにおいて、「つなぐ棚田遺産~ふるさとの誇りを未来へ~」のロゴ、取組や趣旨、棚田の有する多面的機能の重要性などを紹介する。また、SNSにおいて、「つなぐ棚田遺産~ふるさとの誇りを未来へ~」のページのリンクを周知する。

鹿島建設株式会社

鹿島ロゴ

【「つなぐ棚田遺産」に関する取組 】
 取組実績は適宜こちらに掲載いたします。

【計画】
つなぐ棚田遺産に認定された棚田の取組(企業オーナー)となり、配当米を社内食堂で活用する。また、ホームページにおいて取組内容を紹介することで、社内外へ棚田の魅力を発信する。

国富梅園株式会社

国富梅園

【「つなぐ棚田遺産」に関する取組 】
 取組実績は適宜こちらに掲載いたします。

【計画】
宮崎県東諸県郡国富町にて千切り大根の生産を通じて地域に根ざした人の暮らしと営みを守っていく。
関連会社と宮崎県西臼杵郡高千穂町の栃又棚田にて稲作を実施し地元の方との交流を深め、棚田の景観維持や郷のくらしを世代を超えて伝える活動を応援。

クラブツーリズム株式会社

クラブツーリズムロゴ

【「つなぐ棚田遺産」に関する取組 】
 取組実績は適宜こちらに掲載いたします。

【計画】
旅行商品造成において、「棚田」の活用を促進し、ツアー参加者に対してつなぐ棚田遺産~ふるさとの誇りを未来へ~の趣旨、棚田の有する多面的機能を周知する。
ホームページなどを活用し、つなぐ棚田遺産~ふるさとの誇りを未来へ~の趣旨、棚田の有する多面的機能を周知する。
Facebookなどで、「棚田」にまつわる写真などを取り上げ、つなぐ棚田遺産~ふるさとの誇りを未来へ~の趣旨、田の有する多面的機能を周知する。

株式会社 ココロクメディアデザイン

株式会社ココロクメディアデザイン

【「つなぐ棚田遺産」に関する取組 】
 取組実績は適宜こちらに掲載いたします。

【計画】
Web ページ及びSNS において、「つなぐ棚田遺産~ふるさとの誇りを未来へ~」の専用Web ページのリンク及びロゴを紹介し、視聴者に対してつなぐ棚田遺産~ふるさとの誇りを未来へ~の趣旨、棚田の有する多面的機能を周知する。
近隣の棚田稲作生産者に棚田の有する多面的機能について取材をしPR 動画とWEB 記事を制作。
近隣市町村CATV へ作成したPR 動画の放送を依頼。視聴者に対して「つなぐ棚田遺産~ふるさとの誇りを未来へ~」の趣旨、棚田の有する多面的機能を周知する。等

株式会社 さとふる


【「つなぐ棚田遺産」に関する取組 】
(1)ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」において、「ふるさと納税で応援!棚田特集」を公開(https://www.satofull.jp/static/special/tanada.php)し、棚田の特徴、保全の取組、事業者のメッセージとともに棚田米や日本酒、棚田のオーナーやサポーターになることで農業体験ができるお礼品を紹介することで、ふるさと納税を通じた棚田地域の活性化を推進。
(2)プレスリリース及び公式SNSから、「つなぐ棚田遺産~ふるさとの未来を誇りへ~」の趣旨や棚田地域の魅力を発信し、棚田地域を応援できるふるさと納税お礼品を紹介。

【計画】
 ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」で、棚田関連のお礼品を特集するページを公開する。
 棚田米や日本酒のほか、農業体験ができるお礼品を紹介し、ふるさと納税を通じた棚田地域の活性化を推進する。 
「つなぐ棚田遺産」オフィシャルサポーター認定について発信し、「つなぐ棚田遺産~ふるさとの誇りを未来へ~」の趣旨や専用Webページのリンク、棚田の有する多面的機能を周知する。

株式会社時事通信社

時事通信社ロゴ

【「つなぐ棚田遺産」に関する取組 】
 取組実績は適宜こちらに掲載いたします。

【計画】
自社媒体【時事ドットコム】を活用し、一般読者に棚田地域の活性化や棚田の有する多面的機能に対する理解を深める。また、行政情報メディア【iJUNP】で、国の棚田地域振興の支援制度や各自治体の先進的な事例や成功モデルを取材し、周知を図る。等

棚田学会

棚田学会ロゴ


【「つなぐ棚田遺産」に関する取組 】

 取組実績は適宜こちらに掲載いたします。

【計画】
棚田およびその保全に関する最新の研究、棚田地域での保全活動等を掲載する「棚田学会誌」および「棚田学会通信」を刊行。
棚田の有する価値、多面的機能、その保全方法についての討論を含む「棚田学会大会シンポジウム」を開催する。
当該棚田地域の課題についての討論を含む「棚田学会見学会・研究会」「棚田地域との懇談会」を開催する。等

認定NPO法人 棚田ネットワーク

NPO法人 棚田ネットワーク


【「つなぐ棚田遺産」に関する取組 】

 取組実績は適宜こちらに掲載いたします。

【計画】
Webページ及びSNSで、「つなぐ棚田遺産~ふるさとの誇りを未来へ~」の取組や趣旨、棚田の有する多面的機能の重要性などを発信。
新たに選定される棚田地域について、会報、ポータルサイト「棚田NAVI」等での紹介による認知度向上。等

一般社団法人   地域環境資源センター

Jarusロゴ

【「つなぐ棚田遺産」に関する取組 】
 取組実績は適宜こちらに掲載いたします。

【計画】
ホームページやJARUSメール、季刊誌等を活用し、つなぐ棚田遺産~ふるさとの誇りを未来へ~の趣旨、棚田の有する多面的機能を周知する。等

「小さな親切」運動静岡県本部

小さな親切運動静岡県本部

【「つなぐ棚田遺産」に関する取組 】
 取組実績は適宜こちらに掲載いたします。

【計画】
「小さな親切」運動静岡県本部だよりや総会、Webページ、SNSにおいて、つなぐ棚田遺産~ふるさとの誇りを未来へ~の専用Webページのリンク及びロゴを紹介し、会員、閲覧者に対してつなぐ棚田遺産~ふるさとの誇りを未来へ~の趣旨、棚田の有する多面的機能を周知する。等

一般財団法人 日本グラウンドワーク協会

一般財団法人グラウンドワーク協会

【「つなぐ棚田遺産」に関する取組 】
 協会ホームページ及び協会通信で「つなぐ棚田遺産」PRを実施

【計画】
棚田の保全活動を応援する学生サークルの学生に現地での活動時やメールにより「つなぐ棚田遺産」について紹介する。
年間を通して取り組んでいる「棚田保全活動応援事業」の対象団体に対して「つなぐ棚田遺産」について紹介する。
WEBページで年間を通して「つなぐ棚田遺産」について紹介する。等

日本航空株式会社

JAL

【「つなぐ棚田遺産」に関する取組 】
 取組実績は適宜こちらに掲載いたします。

【計画】

自社媒体へ情報掲載を通じて、つなぐ棚田遺産~ふるさとの誇りを未来へ~の専用WEBページのリンク及びロゴを紹介し、JAL顧客及び地域活性化に関心のある方々に対して、つなぐ棚田遺産~ふるさとの誇りを未来へ~の趣旨、棚田の有する多面的機能を周知する。

株式会社日本農業新聞

日農

【「つなぐ棚田遺産」に関する取組 】
 取組実績は適宜こちらに掲載いたします。

【計画】
日本農業新聞及び日本農業新聞電子版などに「つなぐ棚田遺産」に関する記事を掲載するとともに、記者が同取組に関する取材活動を適宜行う。
つなぐ棚田遺産認定後、公式ウェブサイトに棚田PR特設ページを開設し、棚田に関する記事や関連情報を掲載する。
棚田に関するSNSアカウントを開設し、写真を掲載する。等


一般社団法人 日本ファームステイ協会

日本ファームステイ協会
【「つなぐ棚田遺産」に関する取組 】

 取組実績は適宜こちらに掲載いたします。

【計画】
メールマガジンの活用や賛助会員等への呼びかけによりサポーターへの加入の声がけ実施する。
Web ページにおいて、つなぐ棚田遺産~ふるさとの誇りを未来へ~の専用Web ページのリンク及びロゴを紹介し、正会員/自治体会員/賛助会員に対して、つなぐ棚田遺産~ふるさとの誇りを未来へ~の趣旨、棚田の有する多面的機能を周知する。等

株式会社 Heart Full

 

ハートフル

【「つなぐ棚田遺産」に関する取組 】
 取組実績は適宜こちらに掲載いたします。

【計画】
生産者と消費者とをつなぐプラットフォーム【ゴヒイキ(https://gohiiki.com/)】にリンク及びロゴを紹介し、ユーザーに周知を図る。

株式会社百戦錬磨

百選錬磨ロゴ

【「つなぐ棚田遺産」に関する取組 】
 取組実績は適宜こちらに掲載いたします。

【計画】
宿泊施設予約サイト「STAY JAPAN]において、棚田のある農泊地域の特集を設置し、つなぐ棚田遺産~ふるさとの誇りを未来へ~の専用Webページのリンク及びロゴを紹介し、旅行者に対してつなぐ棚田遺産の趣旨、棚田の有する多面的機能を周知するとともに、地域と都市住民との交流を促進する。
また、棚田を活用した農泊展開の有効事例を、セミナー、勉強会などによって紹介する。

株式会社宮崎梅田学園

梅田学園

【「つなぐ棚田遺産」に関する取組 】
 取組実績は適宜こちらに掲載いたします。

【計画】
自動車学校の閑散期に、宮崎県西臼杵郡高千穂町の栃又棚田にて職員による稲作を実施し地元の方との交流を深め、棚田の景観維持や郷のくらしを世代を超えて伝える活動を応援。
MY 棚田オーナー制度を導入し、稲作の体験を通して先人の苦労、生産の喜び、米一粒の大切さを理解していただきながら、他のオーナーや地元の方々との交流を深めつつ、棚田の美しい景観を維持していく。
ビジネスホテルでの食事に棚田米を使用し、美味しいお米を食を通じて広めていく。

お問合せ先

農村振興局農村政策部地域振興課中山間地域・日本型直接支払室

代表:03-3502-8111(内線5608)
ダイヤルイン:03-6744-2081