このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

つなぐ棚田遺産オフィシャルサポーター制度について

さとふるロゴさとふる取組
つなぐ棚田遺産のオフィシャルサポーターの(株)さとふるが、「棚田特集」として、ふるさと納税を活用して棚田を応援する取組を行っています。
「棚田特集」では、棚田の特徴や保全の取組、事業者のメッセージとともに、棚田米や日本酒、棚田オーナーやサポーターになることで農業体験ができるお礼品などを紹介しています!

特集ページはコチラ(外部リンク)




百選錬磨ロゴ百選錬磨バナー
つなぐ棚田遺産のオフィシャルサポーターの(株)百戦錬磨が運営する宿泊予約サイト「STAY JAPAN」で、「農泊×棚田特集」が組まれています。
棚田での農業体験ができる宿やホストによるガイドツアーを楽しめる宿など、棚田の様々な魅力を体験できる農泊施設を集めました!

特集ページはコチラ(外部リンク)

1.つなぐ棚田遺産オフィシャルサポーター制度について

農林水産省では、棚田地域の振興に関する取組を積極的に評価し、国民の皆さまに、棚田地域の活性化や棚田の有する多面的な機能に対するより一層のご理解とご協力をいただくことを目的として、改めて優良な棚田を認定する「つなぐ棚田遺産~ふるさとの誇りを未来へ~」を実施いたします。つきましては。本取組を、企業、団体等多様な関係者とともに幅広く周知するとともに棚田地域の振興に資する取組を促進するため、つなぐ棚田遺産オフィシャルサポーター制度を創設します。なお、オフィシャルサポーターの取組については、ホームページで紹介させていただきます。

2.実施内容

サポーターとして活動する企業等は、次のいずれかの取組を通じて「つなぐ棚田遺産~ふるさとの誇りを未来へ~」に関する周知活動等を実施するものとします。

  • 企業等のWebページ、SNS、広報誌、ポスター等への情報掲載
  • 棚田に関する広報資料の配布・掲示、アナウンス等
  • 各種イベント、セミナー、学会、講座、研修棟での紹介
  • 企業のCSR活動やSDGsへの取組
  • その他、棚田の有する多面的機能や棚田地域の振興に関する取組について周知する活動等棚田地域の振興に資する取組

3.サポーターの申請について

本制度への参加を希望する企業等は、つなぐ棚田遺産オフィシャルサポーター制度実施規約を確認の上、別記様式1(申請書)に必要事項を記入し、メールで提出をお願いします。別記様式1(申請書)に記載された取組が、下記要件に該当すると認められるときは、その申請企業等をサポーターとして認定いたします。

  • 「つなぐ棚田遺産~ふるさとの誇りを未来へ~」の趣旨に沿っていること
  • 取組の内容が具体的であり、実現性が認められること
  • 取組の内容が特定の製品又はサービスの宣伝目的でないこと

実施規約等

提出先

tanada_supporter@maff.go.jp

募集期間

令和3年11月15日(月曜日)~令和4年9月30日(金曜日)

4.オフィシャルサポーターのご紹介(五十音順)

「つなぐ棚田遺産オフィシャルサポーター」は現在(令和4年4月27日)、次の企業・団体等の皆様にご協力・ご参画いただいております。
各企業・団体名をクリックいただくと、取組内容の掲載ページへ移動します。一覧はこちらから。

アクセリアロゴ 鹿島ロゴ 国富学園 クラブツーリズムロゴ
アクセリア株式会社 鹿島建設株式会社 国富梅園株式会社 クラブツーリズム株式会社
株式会社ココロクメディアデザイン さとふるロゴ 時事通信社ロゴ 棚田学会ロゴ
株式会社ココロクメディアデザイン 株式会社さとふる 株式会社時事通信社 棚田学会
認定NPO法人棚田ネットワーク 小さな親切うんどう静岡県本部 日本GW
認定NPO法人
棚田ネットワーク
「小さな親切」運動静岡県本部 一般財団法人
日本グラウンドワーク協会
日本航空株式会社
日本農業新聞ロゴ 日本ファームステイ協会 株式会社heart full 百選錬磨ロゴ
株式会社日本農業新聞 一般社団法人
日本ファームステイ協会
株式会社Heart Full 株式会社百戦錬磨
梅田学園
株式会社宮崎梅田学園

お問合せ先

農村振興局農村政策部地域振興課中山間地域・日本型直接支払室

代表:03-3502-8111(内線5608)
ダイヤルイン:03-6744-2081

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader