このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

特集 食料・農業・農村 これからの10年 ニッポンの食を作る 新たな計画、ついに始動!(1)

  • 印刷

ニッポンのチカラ弁当




農林水産省の施策を活用して作られた
国産農産物がいっぱい詰まっています!
弁当のイラスト

次世代
施設園芸で栽培した
トマト
木質バイオマス(※注)等の地域エネルギーと、先端技術を活用した「次世代施設園芸」で栽培。生産の高度化、コスト低減、地域雇用の創出を実現しています。

東日本大震災
被災地で生産された
いちご
東日本大震災による津波で、いちご栽培ハウスも失われました。国の復興交付金等を活用して、最新のいちご団地を建設。本格的な出荷が再開されました。

国産飼料を
与えて生産された
鶏卵
国内の休耕田で飼料用米を生産。鶏のエサとして利用することで、飼料の自給率向上、地元の農業活性化に貢献しています。

医福食農連携で
生産された
芽ねぎ
障害者・高齢者を含むさまざまな人が農業に従事。「医福食農連携」により、農産物の栽培に取り組む例が拡大しています。


日本人の主食である米は、食料自給率が100%に近い数少ない品目の一つ。需要に応じた生産体制の確保に、今後一層力を入れていきます。


国産飼料を
与えて生産された
豚肉
輸入とうもろこし等に頼らず、休耕田で生産された飼料用米で豚を飼育。食料自給率・食料自給力の維持向上、「耕畜連携」の強化にもつながっています。


※注: 建築廃材や林地残材など、木材からなる再生可能な生物由来の有機性資源(化石燃料は除く)。


5年に一度見直す、農政の羅針盤!
「食料・農業・農村基本計画」とは、平成11年制定の「食料・農業・農村基本法」に基づいて策定された、農政の中長期ビジョン。情勢の変化などを踏まえて、約5年ごとに変更されます。今年3月に、新たな基本計画が閣議決定されました。次ページからは、新たに示した「食料自給力指標」を中心に、ご紹介していきます!